【失敗しにくい方法】スポーツや遊園地など「体を動かすデートやドキドキできるデート」は成功しやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

 

友人や恋人・夫婦でどんな場所にデートに行くと、成功しやすいのかと悩むことがあるでしょう。
実は「体を動かすデートやドキドキできるデート」は成功しやすいということがあります。

 

スポンサーリンク

なぜ体を動かすデートやドキドキできるデートが成功しやすいのか

大きく分けて2つあります。

①身体言語が同調しやすいため

体を動かすデートやドキドキするデートでは、身体言語が同調しやすい傾向があります。
身体言語とは、言葉ではなく「しぐさ」など体に表れるコミュニケーション方法です。

ドキドキするデートや体を動かすデートでは、お互いに同じ体験をします。
そうすると、身体言語も似てくる傾向があるのです。

 

例えば、体を動かしたりドキドキすると交換神経が働き、体験が終わると副交感神経が働きリラックスするようになります。
息が上がっていたり頬を赤くしていた状態から、リラックスして体の緊張が抜けて、表情が緩んできます。

 

そうすると、お互いの体の状況が似ているので、それぞれが発する身体言語もまた似てくる傾向があります。
緊張していると沢山水を飲むこともありますし、リラックスすると足を広げてゆったりと座ったり、お互いの行動やしぐさも似てくるのです。

 

 

では、なぜ身体言語が同調するとデートが成功しやすいのかというと、相手に対して親近感を覚えるからです。

これはラポールテクニックや同調効果・ミラーリングと言われるように、同じしぐさや行動をしている相手には、親近感を得やすいという心理が理由です。

 

同じ身体言語を発している相手に対して、人は安心感や親近感を得るので、相手に対して好意的な感情を持ちやすくなるからです。

 

②吊り橋効果

「吊り橋効果」とは、身体的な原因で起きたドキドキ感を相手に投影してしまうというものです。

体を動かすデートやドキドキできる場所でのデートは、その時感じた緊張感を相手への感情として誤解しやすいのです。

ですから、体を動かしたりドキドキしてしまうデートでは、この吊り橋効果が働くので、デートの相手に対して恋心を持ってしまうというものです。

吊り橋効果の法則:デートではワクワクできる楽しい場所に行くと良い
これからデートでどこに行くか決めかねている方がいると思いますが、その時には「吊り橋効果」という法則が効果的です。 「吊り橋効果」とは「吊り橋のようにドキドキした体験をするとその時一緒に居た相手に好意を持ちやすい」というものです...

 

体を動かすデートの種類

では、体を動かすデートにはどのようなものがあるのかと言うと、

  • バッティングセンター
  • ボーリング
  • スケート
  • 登山、ハイキング
  • シュノーケリング・ダイビング

などがあります。

 

これらのデートでは体を動かす必要があるため、似たような身体言語が出ることがあり、仲を深めるには最適です。
ただ、デートの相手が興味を持った運動やスポーツをすることが大切です。

 

ドキドキできるデートの種類

ドキドキできるデートの種類としては、

  • 観光地の吊り橋
  • お化け屋敷
  • ジェットコースター
  • 川下り

などがあります。

 

これらのデートでは、ドキドキ感が強くなるため一緒にいる相手にドキドキした感情を投影しやすくなります。

 

 

 

コメント