好きな人にアピールする鉄則は「相手のタイプ」を見ること、そして「相手の好きなタイプ」になっておくこと

 

好きな異性がいる方がいるでしょうが、その際にどんなアピールをするのか困ります。

 

結論としては「相手のタイプに合わせること」が大事になります。

つまり、相手の異性の「好きな異性のタイプ」にあなたがなることが重要です。

 

 

なぜかと言うと、「人には好きになりやすいタイプ」があるからです。

例えば、街中を歩いてカップルを見るとその傾向がわかります。

容姿の判断は別として、紳士な男性には淑女が一緒ですし、ギャル系の男性にはギャル系の女性が一緒で、オタクっぽい男性にはオタクっぽい女性が一緒です。

これは生活圏の影響もありますが、人には「類似性の法則」があるように似たタイプには惹かれやすいところがあります。

このように「人は自分と同じタイプの人間」を好きになりやすいので、アプローチをするには好きな相手をよく観察する必要があります。

 

 

では、どうすれば良いのかというと「相手のタイプを聞き出して、それに近づく」しかありません。

この時に大切なことは「相手と同じタイプに近づく」ということです。

 

例えば、女性の好きな男性が私服でもジャケットとシャツを着ているような「しっかりとした服装をする男性」だったとします。

その男性の場合、「同じようにしっかりとした服装の女性」を好む傾向にあります。
ギャル系のような極端に短いスカートやヒョウ柄の洋服、穴の空いたデニムパンツ、ロリータファッションのような服装はよく思われない可能生があります。

これはデートでも同じことです。

女性が初めてのデートですると良い服装は「相手のタイプに合わせる」こと
初めて男性とデートする時に「服装・ファッション」で悩む女性は多いのではないでしょうか? 特に女性は「どんな服を着たら良いのか」と、ファッションで困られるケースが多いです。 実は「普段の相手の服装・ファッションのタ...

 

 

人は似たタイプの人と付き合ったり結婚をしやすい特徴があります。

真面目な人は真面目な相手と結婚しますし、ギャル系はギャル系の相手と結婚します。

例外は意外と少ないんですね。

 

 

ですから、好きな人がいるならその人を観察して自分も「似たタイプの人間」にならないといけません。

洋服やファッション・言葉の品の有無・髪の色・雰囲気など様々なところがあるでしょう。

細かく観察して相手はどういった異性なのかを知っておく必要があります。

 

 

しかし、最後に問題があります。

やはり「自然な自分を変えないといけない相手」と無理をして好かれる必要があるかということです。

確かに自分の怠けた部分があればそれを正す必要はあります。

しかし、それまで生きて形成してきた人生や人格を変えてまで、好きな相手に合わせることは賢明ではないかもしれません。

 

それよりもあなたの自然な姿を認めてくれるような方に出会った方が、あなたも自然のままで居られますし、その姿を何よりも愛してくれるので、そちらの方が自然な恋愛や結婚の形と言えます。

世の中にはこういった異性がどこかにいます。
そういった方に出会えることを大事にする方が、運命ということを考えれば自然かもしれません。

 

 

コメント