好きな人には「少しずつ好意がバレる」くらいが丁度良く、好意が伝わらないと恋愛関係にもなりにくい

スポンサーリンク

 

「好きな人に好意がバレそう」と困ることがあります。
確かに好意がバレてしまうと、本人は顔を赤らめてしまったり、少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

しかし、好きな人に対しては「好意がバレるくらいが丁度良い」のです。

 

なぜかと言うと、人は自分に好意を抱いている人に対して親近感や同じく好意を抱きやすいのです。
「好意の返報性」という心理があるように、自分のことを思ってくれる人には同じように好意を返したくなるという心理です。

 

好意を持っていても、それが相手に伝わらないと関係が発展することはありません。
気がついたら相手に恋人が出来ていたというように、友人関係で終わってしまうことがほとんどです。

恋愛関係になるには、何かしらのキッカケが大事なのですが、好意を示すことはそのスタートでもあります。

 

もちろんどのように好意を相手に示すかが問題で、これには段階があります。
最初から相手がこちらに好意を持っている時には、こちらも好意が相手にバレるくらい見せても良いのです。

 

しかし、まだ関係性が薄く相手に好意が無い場合は、まだ好意を抑えておかないといけません。
相手と仲良くなって来たら、少しずつ好意を出して行きます。

最初からエンジン全開で好意を出して行くと、失敗しやすくなります。
その場合は相手から避けられたり、驚かれたりするので「相手の心を見て好意を示す必要」があります。

 

このように相手の心理を読みながら、慎重に好意を上手く出していくといいわけです。

 

 

ただ男性から女性は別です。

女性は男女の関係では「陰」と言って、どちらかというと受け身になることが多く、女性の場合は警戒心があります。

犯罪被害に遭う危険性もあり、身構える性質があるので男性から一方的に好意を寄せると警戒します。

相手の女性がこちらに好意があると確信できないかぎりは、男性から女性への好意はバレない方が良いでしょう。

女性から男性はあまり問題ありません。

 

 

 

コメント