好きな人が年上の男性なら「まず敬語」で話し、許可が出れば「タメ口」で話しましょう

 

女性の中でも、好きな人や付き合っている人が年上の男性という方は多いと思います。
特に出会ってすぐや付き合い始めの頃は「敬語」「タメ口(タメ語)」どっちが良いの?と思われてしまうと思います。

 

「敬語」と「タメ語」のどちらを喋るかで大事なことは、「その男性との仲の良さ」によります。

つまり、男性との関係によってどちらの言葉を喋るかを決めないといけません。

 

出会ってすぐはいきなりタメ語だと常識を疑われます
最初からタメ語では年上の男性から「無礼」だと思われてしまいます。
これは男性が偉いといった優劣の話ではなく、一般常識から言えることです。
まず年上の男性と関係が薄い間は、「敬語」を使って話さないといけません。

 

 

そして、相手の年上男性と仲が良くなってきたら「ため口(タメ語)」で話しても良いのです。
しかし、急にタメ語になってはいけません。

「相手の男性がタメ語でも良いよ」と言ったら、タメ語で話しても良いのです。
このタイミングで初めてタメ口で話しても、問題ありません。

 

スポンサーリンク

年上とタメ語なら信頼関係が出来た状態

年上の男性から「タメ語で良いよ」と言われたら、それはある程度関係性が出来ている段階です。
もしプライベートでの付き合いがあるなら、その男性はあなたのことを「好意的に見ており、少なくとも悪くは見ていない」関係です。

 

ちなみにですが、年下女性が年上男性の心を掴むテクニックとして、男性にお願いする時に「敬語を使う」というテクニックがあります。

男性は好きな女性にお願いされたり、頼りにされることは嫌いではありません。
その時に普段タメ語でも「敬語」を使うと、男性は聞き入れてくれやすいのです。
これはおまけのテクニックとして覚えておきましょう。

 

 

ここでも少し紹介したように、年下女性は年上男性の権威やプライドを潰さないことが大事です。
昔から「男を立てる」という言葉があるように、言葉遣いも「敬語」を使っておくことが適切です。
関係性が進んでから、男性から「ため口でも良いよ」と言われた時に、ため口に切り替えると関係もスムーズになります。

 

 

コメント