好きなお客さんに話しかけたい時は「話しかけていい相手か確認」してから「顔を覚えたことを伝える」と良い

スポンサーリンク

 

アルバイトや働くお店で「好きなお客さんに話しかけたい」と思うことがあるでしょう。

その際にはまず「話しかけて良い相手かどうか」を確認しましょう。

簡単に言うと、話しかけてもちゃんと会話をしてくれる人かどうかを確かめることです。

お客さんの多くは「食事」「飲食」を目的にした方が多いので、話しかけても無視はされませんが、プライベートな会話に発展しないことが多くあります。

特に日本では無言で来て無言で立ち去るお客さんが多くいますから、ある程度相手を選ぶ必要があるのです。

 

 

では、どうやって話しかけても大丈夫な人を見分けるかと言うと、「相手の素性」を見分けることです

つまり、普段のそのお客さんの様子を確認して、「店員に対してフランクな人か(話しが出来る人か)どうか」見ておきましょう。

例えば、会計時に「どうも」「ありがとう」と店員さんに言葉をかけてくれる人のように、コミュニケーションが取ってくれそうな人ならまず大丈夫です。

この時は特に「あなた」に対してではなく、「他の店員」に対しての態度も見ておくと、その人が本当はどんな人なのか分かりやすいと思います。

そのお客さんの第三者に対しての態度を見て、「話しかけても良い人なのか」吟味します。

 

 

何から話せば良いのか?まずは「いつもありがとうございます」が重要

この「いつもありがとうございます」という言葉はお客さんがあなたがお客さんのことを覚えたという意味で重要です。

お客さんも突然、雑談を始めるとビックリしてしまう方がいますので、「あなた(お客さん)のことを覚えましたよ」という挨拶であるこの言葉から始めると関係がスムーズに動きやすいでしょう。(一部の方は急に雑談を始めても大丈夫な方がいます。)

まずはこの言葉を気になるお客さんにかけてからがスタートです。

お客さんに「一目惚れ」した時は「まず覚えてもらう」「仲良くなる」「連絡先を聞く」ことが大事
お客さんに一目惚れをした店員さんも多いのではないでしょうか? やはり中には素敵なお客さんがいるので、好きになってしまうことも多いと思います。 その方法は大きく分けて【覚えてもらう】⇒【仲良くなる】⇒【連絡先を貰う】の...

 

 

 

 

コメント