もし好きな男性に「目」でアプローチするなら、上目遣いでじっと見つめて目をパチパチと瞬きさせること

 

気になる男性や好きな男性がいる女性は「目」でアプローチしたいなら、「上目遣いでじっと見つめて目をパチパチさせる」とアピールできます。

 

 

これはなぜかというと、男性には女性を独占したいという独占欲があります。
この独占欲を持つ理由には男性が妊娠ができないため、子孫を残す上で女性に頼らなくてはいけないということがあります。

そして、この上目遣いというしぐさは、尊敬している対象や信頼している人を見るときのしぐさなのです。
ですから、男性としては女性から上目遣いで見られることは嫌いではなく、むしろ好きなものでもあるのです。

昔から「男は立てるもの」という言葉が有りますが、このしぐさは男性から見ると自分のことを良く思ってくれているとも感じられるのです。

 

また人の顔は正面や下から見るよりも上から見る方がキレイに見えます。
男性は女性の容姿を重要視するので、上目遣いになるしぐさは一石二鳥なのです。

 

 

そして瞬きにも理由があります。
瞬きは緊張をしている時に起こりやすいしぐさですから、このしぐさをすることで相手の男性に緊張をしているということを伝えることが出来るからです。

つまり、緊張している=好意があるというように相手の男性にアピールするわけです。

 

瞬きをせずに「じっと」見つめていると、それは「敵意」や「嫌悪」「敵対」を相手の男性に心理的に感じさせてしまいますから、瞬きを少し多めに入れて調整するのです。

 

 

よくぶりっ子の女の子がこういったことを大げさに行ないますが、そうではなくもっと自然な形で行ないます。

 

どんな風に使うのかといえば、さりげなく相手にアプローチしていることが気づかれない程度にこっそりと行なうことです。

例えば、会話中などにわざと顎を引いて上目遣いになるようにして、瞬きをいつもよりも増やすようにします。
少し相手の顔を覗き込むようなイメージで、少し瞬きを増やすだけです。

 

こうすることで、男性が気持ちよく過ごせる環境を作れるだけでなく、女性が好意を持っていることをアピールしやすいのです

男性としても悪い気がしないので「また会いたい」と思わせることも可能です。

 

 

一般的に男性の方が女性よりも身長が高いため、極端に上目遣いをしなくても大丈夫です。
身長差がある相手なら少し顎を引いておく程度で、充分な上目遣いになります。

また緊張にも「好意」「恐怖や恐れ」の2種類がありますから、相手の男性に「好意の緊張」であることをアピールするためにも、女性から話しかける・ボディータッチをするなど仲良く過ごすことも重要です。

 

 

コメント