女性は「赤い」服やリボン、マフラーなどのファッションをすると男性からモテる傾向があり、恋愛が叶いやすい

スポンサーリンク

 

女性の中には好きな男性や気になる男性の目を引きたいと思っている方がいると思います。
そういった女性は「赤い色の服やリボン、セーター、マフラー、口紅リップ」などのファッションを取り入れると、男性からモテる傾向がありますのでおすすめします。

 

 

説明すると、女性が身につけるファッションや化粧などのメイクに赤色を取り入れると、男性の目を射止めやすくなるということです。
この時の赤いものとは、「口紅やリップ」「リボン」「髪留め」「セーター」「マフラー」などがあります。

これらを身に付けると、女性が魅力的に見えるようになり、男性の評価が上がりやすいということです。

 

 

なぜなのかと言うと、赤色は男性から見た女性を魅力的に見せる作用があるからです。

実際にアメリカの心理学者の研究によると、「男性は赤い服の女性を魅力的に思う」という結果があります。
この研究では、男性が様々な色の服を来た女性や別々の色のフレームの写真に映った女性を見ました。
その結果、男性は赤い色のフレームや服を着た女性を魅力的だと評価したのです。

 

また他にも、実際にフランスの学者の研究では、赤色の服を着ていたアルバイトの女性のチップ金額が、赤い服を着ていない時と比較して増えたという結果もあります。

 

このように、男性は女性が赤色のものを身に付けていたり、着ていたりすると女性として魅力的に見えてしまう心理があるのです。

 

 

しかし、詳しく理解するために覚えて欲しい注意点があります。

それは男性が好む色は「青」「黒」などが多く、赤色の人気はそれほどないということです。
実際に男性は「青」や「黒」などの洋服や車などを好んだりします。

 

ですから、ここで覚えておいて欲しいことは、「男性は女性を評価する時に赤色の影響を受ける」ということです。
男性は赤色が好きというわけではないのです。

 

つまり、「男性は赤色が好き」ということではなく、「男性は赤色を身につけている女性を魅力的に思う心理がある」ということです。
ここがポイントです。

 

 

女性はこの男性が赤色の影響を受ける心理を、長い年月の積み重ねから自然と知っています。
そのため、お化粧をする時やデートに出かける時も赤い口紅やリボンをしたりしています。

 

また、ほほに薄いチークを入れて、ほほを赤らめるようにすることがあります。
これも人間は顔に赤らみがある方が健康そうに見える、魅力的に見えるという男性の心理を知っているからです。

 

もっと言えば、「勝負下着は赤」という言葉もあります。
実際には男性の好みもあるでしょうが、これも赤色を着ている女性を男性が魅力的に感じると言う心理を知って生まれた言葉なのかもしれません。(赤には身につけるとエネルギーが湧くという心理もあります)

 

 

このように身の回りを見ても、「赤色と女性」にまつわることは意外と多く有ります。

もし女性に気になる男性がいるならば、この男性が赤色と女性の組み合わせに反応する心理を上手に使って、男性にアプローチしてみてはいかがでしょう。

 

 

コメント