【少しズルい】年上の男性にアプローチする方法

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

独占欲を満たす行動が大事になります

男性には独占欲があります。
この独占欲を満たせるような方法を使うと、男性に気に入られやすいので覚えておきましょう。

特に年下の女性は年上の男性から気に入られやすい要素があるので有利です。
少しズルい年上男性へのアプローチ方法を紹介します。

ご飯をわざと奢らせて、

ここでは「好意の返報性」という心理学を使って、相手の懐に入り込みます。

まず相手に奢ってもらう機会を作ります。
年上の男性が相手であれば、「食事」などが多いと思います。
奢ってもらったら、その場では「お礼」を言っておきましょう。

そして、奢ってもらった後日にそれを理由に年上の男性を「特別扱い」するのです。
例えば、他の人に渡していない旅行のお土産を渡すなど何か理由を作って細かいところで特別に扱います。

 

このように相手の懐に入り込んで行くのです。

男性は仲間意識が強い生き物です。
女性から「私はあなたに敵意を持っていませんよ、それよりも好意を持っています」という気持ちを、奢ってもらって後の「お返し」で形として示すのです。

 

女性から「好意」を相手に示すと、男性としては悪い気はしません。
このように少しずつキッカケをつかんでいきます。

褒めること

まず男性は同世代の女性から褒められることは少ないです。

同世代や年上の女性が男性を褒めることは少ないので、年下という立ち場を大いに利用して褒めると良いでしょう。

褒めるといっても同世代や年上の女性が男性を褒めにくい部分です。
例えば、「男らしい」「頼もしい」「力がある」「頭がいい」など男性的な部分や強さを褒めてあげると、男性は女性が自分の男性らしい部分を褒めてくれたと感じるのです。

 

腕組みや腕に掴まる

以前で「男性は「ヒラヒラ」と風で揺れる髪型やピアス・スカートが好き」ということを紹介しました。

男性は「動くものに目がいってしまう、捕まえたい」という本能があります。

たとえば女性がヒールを履く目的には、オシャレ以外にも「脚や体のラインを綺麗に見せたい」という気持ちがあると思います。
しかし男性から見ると、ハイヒールやパンプスなどの不安定さや揺らめきは何故か魅力的に映ります。
これが意外と男性をそそらせるのです。

 

腕組みも同じで、女性が体を委ねてくると男性はそれを支えたい、自分のものにしたいという気持ちが強く刺激されるのです。
特に年上の男性は頼られたいという気持ちがあるので、年下の女性からこれをされると弱いのです。

ですから、最近は減りましたが、ちょっと夜の繁華街などを歩くと女性が男性の腕に体を委ねるようにしている方がいますね。
あれは女性自身が男性はどんな女性に弱いか実は知っているからの行動でもあります。

 

ただこの腕に掴まる動作は「ある程度親密になってからされること」「2人だけの時にすること」など慎重にしましょう。
多くの男性は、軽い女性だと思うと結婚相手として選ばない方もいますので。

 

自分の大人らしいところを見せる

これは支配欲を満たすというよりも、「年上の男性とも付き合っていける」ということ男性に示すために必要です。

ただ子供っぽい、年下らしい性格や行動だけでは男性の心は掴むことができません。

 

男性はすべての人ではありませんが、遊びと本気の恋愛を分けられる生き物です。
一方、女性は自分の体に妊娠をするので、遊びの恋愛ができません。

そこで女性がしっかりしていないと一部の男性は「遊び」としかみないことがあるのです。
もちろんしっかりした男性もいますが、少しだらしない男性もいるのです。

年上の男性は、「自分と一緒に生活をやっていけるか」という点はよく見るので可愛らしいだけでは不十分です。
女性としてしっかりとしていることを年上の男性に見せる必要があります。

こういったところを見せれば、男性としても「この子は大丈夫な子だ」と思うので、結婚など真面目な関係に繋がりやすくなります。

 

 

 

コメント