女性は好きな男性から奢ってもらった後には「お礼」を言うと良い

スポンサーリンク

好きな男性からデートや食事に誘われた女性はその後に「お礼」をしっかりと言うことが、相手の心を掴むにはとても大事です。

 

なぜ「お礼」をしっかりと言うことが大事なのでしょうか?

それは1つに「お礼を言う」という当然のことができない人が増えたので、より良い女性に見えるからです。

全ての女性がお礼をしっかりと言えるのであれば、「お礼を言えない女性」が際立って見えます。

しかし、現在はお礼が言えない女性が増えたので「お礼がしっかりと言える女性」が際立って良く見える状況になっています。

 

ですから、お礼をしっかりと言うだけで周りの女性よりも「差」を付けやすい環境が整ってきているんですね。

 

 

では、いつお礼を言うのかというと「2段階」あります。

  1. 1つは食事の後すぐ言うこと
  2. 2つ目は食事の後にメールやLineなどで連絡をとって言うこと

です。

 

1つ目の方法では、奢ってもらってすぐにお店の前でお礼を言います
会計の前にはお財布を出して、女性側もお金を出すという素振りを見せます。
そして、食事の会計の際に奢ってもらえることが分かったらお店の外で待ちます。
会計している姿を眺めることはあまり良くないのでお店の外で待っておきましょう。

そして男性が出てきたらしっかりと「お礼」を言いましょう。
その時には言葉だけではなく、「軽くお辞儀」をして見える形でのお礼を示すと男性にも伝わりやすいです。

 

2つ目は「自宅に帰ってから」です。
ここでももう一度「お礼」をメッセージにして伝えておきましょう。

このように2度伝えておくことで「お礼」の印象が強く残り、あなたに対しての印象も礼儀正しい・律儀であるといったように伝わります。

 

 

また裏技としては、この「奢ってもらった」という事実からアプローチすることもできます。

例えば、後日にその男性だけ旅行のお土産を特別なものにしたり、何かプレゼントしたりするなど、奢ってもらったということを理由にしてこちらからアプローチするのです。

 

そうすると相手の男性も「自分のことを特別に思ってくれているんだな」と伝わります。

「好意の返報性」という心理をここでもうまく利用しましょう。

 

 

コメント