法則や心理学についてのまとめページ

 

 

法則や心理学についてのまとめページ

 

① 2対6対2の法則

2対6対2の法則とは、組織や集団における比率の法則です。

例えば、優秀な社員だけの組織を作ろうとして、自社の出来の悪い社員を全員首にしたとします。
そして、新しく優秀な社員だけを雇うようにします。

ここで全ての社員が優秀な社員になったと予想できますが、実際はそのようになりません。
ここで、優秀な社員が2割、普通の社員が6割、出来の悪い社員が2割に分かれてしまうのです。

これが「2対6対2の法則」です。

 

② 群集心理

群衆心理とは、個人で出来ないことでも集団になるとやってしまうという心理です。

例えば、1人ではケンカをしなくても、周りに仲間がいると気が大きくなる人などが該当します。

 

最近の例では、渋谷でのハロウィーンが良い例です。
あれも個人では出来ないことも、集団になると気が大きくなってやってしまうというわけです。

ただ自制心が有る方は、群集でも秩序を守りますし、群れないで行動しますから、全ての人に当てはまるわけではありません。

 

③ 水を沢山飲むしぐさの心理は「緊張」している状態

水を沢山飲むしぐさの心理としては「緊張」です。
これは会議や仕事の商談、男女のデートなどでよく見られるしぐさです。

 

 

④ 好きな異性との待ち合わせで小走りで来るしぐさの意味は「好意」

人は好きな異性とのデートの待ち合わせでは、相手を見つけると小走りで走るしぐさをします。
これは人の足が頭から遠い場所にあり、無意識を反映しやすい部分であるからです。

人は好きなものや行きたい場所へ向かうことに対しては、待ち遠しくなり、急いで向かう傾向があります。

一方、嫌いなところに行く時や嫌なことがあるとトボトボと歩く傾向があります。

人の足は、このようにその人の心理を反映しやすい人間の部分です。

 

⑤ 男性の前で首をかしげるしぐさをする女性の心理は「好意や自分をかわいく見せたい」

女性が男性の前で首をかしげるしぐさをすることがあります。
この心理としては、「自分を可愛くみせたい」「好意がある」というものです。

女性の魅力に曲線美があります。
男性の体は筋肉質で真っ直ぐですが、女性は脂肪が付き、丸みがある体をしています。

男性はこの女性の曲線美に惹かれる傾向があり、女性もそれを十分に知っています。
昔から女性の絵はふくよかに描かれることが多かったのですが、これはその現れかもしれません。

そのため、気になる男性や好意のある男性の前で、首をかしげるしぐさをして、アピールしてしまうのです。
女性が見ると「ぶりっ子」と思うかもしれませんが、女性本人からは無意識的に行なうしぐさでもあり、また男性からも可愛らしく見えます。

 

⑥ 吊り橋効果の法則:デートではワクワクできる楽しい場所に行くと良い

吊り橋効果とは、ワクワクしたドキドキ感をその時一緒にいた異性に投影して、好意的に思ってしまうというものです。

実際に吊り橋を渡らなくても「ジェットコースター」「お化け屋敷」「スケートリンク」といったお互いにドキドキ感を感じられる場所に行けば良いといえます。

お互い知り合って間もない頃には、デートでドキドキできる場所を選ぶと良いでしょう。

 

⑦ 単純接触効果(ザイオンス効果)の法則:好きな人には毎日会うと良い

単純接触効果とは、人は頻繁に顔を合わせる人には好意を抱きやすいというものです。

みなさんも毎日会っていた友人がいつのまにか好きになっていたということがあるかと思いますが、それがまさにこの心理だと言えます。

もし好きな人がいれば、毎日頻繁に会うようにしましょう。
その時は挨拶や簡単な声がけなどでも構いません。

 

⑧ 異性とデートをしている時に、足を交差させて立っているしぐさの意味は「デートに安心している状態」

デート中に足を交差させて立っているしぐさがあります。
あのしぐさの意味としては複数ありますが、1つに「デートに安心している」という状態です。

人の足は外敵や危険から逃げる時に1番必要な体の部分です。
この足は人間の心理をよく表し、その人の無意識を反映するものです。

足を交差させるとすぐに逃げることができません。
つまり、このしぐさをしている状態は「すぐに逃げる必要が無い」「安心している状態」だといえるのです。

 

⑨ ウォーカーの法則とは「時間はお金である」というお金の大切さを教えてくれるもの

ウォーカーの法則とは、「時間はお金である」ということを教えてくれます。

この法則では、家事や料理などそれに要するお金は換算できるものであり、自分で時間を使うよりもお金を払って誰かにやってもらった方が安くなるというものです。

 

⑩ ソッドの法則とは「悪いことこそ、さらに悲劇が重なりやすい」ということ。

ソッドの法則とは、「悪いことにはさらに悪いことが重なりやすい」というものです。

みなさんも外出している時に、手を滑らせて小銭を落としてしまったと思ったら、そこに側溝があり、その奥に入ってしまったということがあると思います。
日本の諺でいえば、「泣きっ面にハチ」ということです。

このように悪いことは、重なりやすいという覚えておきましょう。

 

⑪ ボッサードの法則を利用すると「恋人が出来たら近くに引っ越すこと」が重要になる

ボッサードの法則とは、物理的な距離が恋愛に影響するというもので、好きな異性と自宅の距離が近いと恋人になりやすいというものです。

一方、2人の距離が離れていると、関係も悪くなりやすいというものです。
実際の研究では婚約中の男女を元に行い、2人の距離が離れているカップルほど、結婚に辿り着く確立が低かったというものです。

好きな人がいれば、出来るだけ近くに引っ越すという方法もありでしょう。

 

⑫ ハインリッヒの法則とは「大きなミスにはそれ以上の数の小さなミスが隠れている」というもの

ハインリッヒの法則とは、大きなミスにはそれ以上の小さなミスが隠れているということを教えてくれる法則です。
元々は労働災害についての法則ですが、現在では至る所でこの法則が引用されています。

この法則では300件のヒヤリハット、29件の中規模なミス、1件の重大なミスがあり、事象の背景には要因が数多存在していることを教えてくれる法則です。

 

 

NO IMAGE 法則/心理学

相手に人差し指で指差すしぐさをする人の心理とは、相手を威嚇したり・挑発したいという気持ちが根底にあります。

人に向かって人差し指などの指を差すしぐさをする人がいます。 このしぐさは、職場の会議や学校など日常生活の様々な場所で、見られるしぐさだと思います。 この「人差し指などの指を差すしぐさ」をする人の心理としては、...
NO IMAGE 法則/心理学

唇によく触るしぐさの意味は「その人がまだ甘えん坊」「甘えたいという心理」があるということ。

みなさんの周りにも「唇によく触る癖がある人」がいるのではないでしょうか。 この「唇によく触る癖がある人」の心理としては、「その人がまだ甘えん坊」「甘えたいという心理が残っている」ということがあります。 ま...
NO IMAGE 法則/心理学

「目を見ない・視線を合わせない」で話す人の心理は、「コンプレックスや自信の無さ」「相手に興味がない」ということ。

みなさんの周りにも「目を見ない」「視線を会わせない」で話す人がいるのではないでしょうか。 この「目を見ない」「視線を会わせない」で話す人の性格や心理については「2つ」考えられます。 1つは「コンプレックスがあって...
NO IMAGE 法則/心理学

サングラスをかけている人の心理は「心の中を見透かされたくない」「自分を強く見せたい」というものです。

ときどき必要が無いにも関わらずサングラスをかけている人がいますが、この時の心理について紹介します。 サングラスをかけている人の心理は、「心の中を見透かされたくない」「自分を強く見せたい」というものです。 この「サ...
NO IMAGE 法則/心理学

唇を舌でなめるしぐさの意味は「その話題に興味がある」「見ているものに興味がある」という心理。

日常生活の中で、唇を舌で舐めるしぐさをする人を見ることがありますが、この時の心理について紹介します。 この「唇を舌でペロリと舐めるしぐさ」の心理は、「その話題に興味がある」「見ているものに興味がある」という状態です。 ...
NO IMAGE 法則/心理学

片方の腕で「頬杖」をする人の心理は「退屈な気分」や「不安や心配事で一杯になっている」状態

座っている時によく見られる、「頬杖」というしぐさがあります。 片方の腕を立てて、その上に頭を乗せるしぐさです。 このしぐさの心理は、精神的に退屈な気分の時や不安や心配事を感じて精神的に一杯一杯になっている時によく見ら...
NO IMAGE 法則/心理学

脚を頻繁に組み替えるしぐさをする人は、「不安やイライラしている」など精神的に緊張している状態です。

仕事の商談や異性とのデートなどで、足を頻繁に組み替える人を見ると思います。 しばしば座っている時によく見られる姿と言えます。 脚を頻繁に組み替えるしぐさとは、座った状態で、片方の脚をもう片方の脚に乗せる姿勢です。 ...
NO IMAGE 法則/心理学

顔をプイッとそむける、そっぽを向くしぐさの心理とは「もういらない」「もう結構」など拒絶や拒否の意味

顔をプイっとそむけるしぐさ、そっぽを向くしぐさをする人がいます。 この時の心理としては、「もういらない」「もう結構」という拒否や拒絶の意味があります。 このしぐさの例としては、男性が恋愛関係の女性に怒らせるこ...
NO IMAGE 法則/心理学

「視線・目をそらさないしぐさ」をしている人の心理は「相手を騙そうと考えている」「正直なことを言っている」など

会話中に目をそらさずにずっと視線を向ける人がいますが、この時の心理としては「ウソを見破られないために目線を逸らさない」「正直なことを言っている」という2つが考えられます。 まず目線をそらさないしぐさとは、会話中...
NO IMAGE 法則/心理学

「YESの法則(一貫性の法則)」とは、一貫的な行動をしたいという人の心理を利用した説得や誘導テクニックです。

「ビジネスで人を説得したい」「恋愛でデートに誘いたい」と思うことがあるはずです。 そんな時には「YESの法則」を利用されるとおすすめです。 YESの法則(一貫性の法則)とは、人が一貫性のある行動を保ちたいという心理を...
NO IMAGE 法則/心理学

仕事や恋愛で「反対する相手」を上手に説得する方法は、「相手を肯定する逆説の言葉」を「自分の主張」の前に入れること

ビジネスでの商談や恋愛のデート中に、相手を説得したいと思うことがあると思います。 そんなときに役立つ心理テクニックがあります。 それは「相手を肯定する逆説の言葉を自分の主張の前に入れる」という方法です。 この方法と使うと、...
NO IMAGE 法則/心理学

女性は体のしぐさやジェスチャーが大きい男性や経営者・有名人の演説や話は「気をつけた方が良い」

時々、体のしぐさやジェスチャーが大きい男性や経営者・有名人のプレゼンを見ることがあります。 特にこの体のしぐさやジェスチャーが大きい男性や経営者・有名人には、女性は気をつけた方が良いでしょう。 この体のしぐさやジェスチャーが...
NO IMAGE 法則/心理学

嘘をつく時にしてしまう「しぐさ」としては「椅子に何度も座り直す、浅く座る」「口数が減る」「話題を逸らす」などがあります。

ウソをつく時の心理の特徴として、大事なことは「しぐさの変化」があること ウソをつく時の心理がしぐさに出るときには、それまでとしぐさが変わったかどうかに着目しましょう。 ウソをついた時には、「ウソを言う前よりも行動が増えた」「ウソ...
NO IMAGE 法則/心理学

鼻や顔を触るしぐさの気持ちとは「不安や緊張、ウソをついた時」によく見られるしぐさです。

会話中などに鼻や顔を頻繁に触る人がいます。 この時のその人の心理としては不安や緊張があることやウソを言ったため落ち着かないという状況です。 この顔や鼻を触るしぐさとは、会話中などに相手が何かを言ったときなどによく見ら...
NO IMAGE 法則/心理学

座っている時に腕を抱いて体を後ろに逸らすしぐさの意味は「これ以上は難しい」という拒絶

座っている時に腕を抱いて体を後ろに逸らすしぐさをする人がいます。 この時の心理としては「これ以上は難しい」という心理です。 基本的にビジネスの交渉時やデート中に相手やその内容を拒否・拒絶したいときによく見られるしぐさです。 ...
NO IMAGE 法則/心理学

【嫌いな相手にしてしまう】しぐさ5選は「横目でジロッと見る」「自分と相手との間に荷物を置く」「顎を上げて話す」など

「嫌いな相手にしてしまうしぐさ」は何らかの変化があります。 嫌いな相手に対して行なってしまうしぐさには、変化というものがあります。 この変化をよく見ることで、自分のことが嫌いなのか、または好意的に思っているのか見極めることができ...
NO IMAGE 法則/心理学

手を開いて手の平を相手に見せるしぐさの意味は「何も隠していない」ということを伝えています

手の平を開いているしぐさは相手に隠し事が無いときによく見られます。 手のひらを開いているしぐさとは、食事中などに手の平を相手に見えるようにしているということです。 テーブルや机の上でギュッとグーにしているのではなく、手を...
NO IMAGE 法則/心理学

座っている時に身を乗り出すしぐさの意味は「その話題に興味がある状況」

座っている時に身を乗り出して「それ何?」「見せてみせて!」と聞いてくる人がいます。 この時に身を乗り出すしぐさをする人の心理は「その話題に興味がある状況」です。 カフェや飲食店、家庭や学校など様々な場所で見られるしぐ...
NO IMAGE 法則/心理学

自分の足を椅子に絡め付けるしぐさの意味は「現状に大きなストレスを感じている」という状態

座っている時に自分の足を椅子に絡め付けるしぐさがありますが、その時の心理としては「大きなストレスを感じている状態」です。 食事や面接などをしていると、自分の足を椅子の脚の部分にギュッと絡めて、まるで枝にからみついたツタのようにする...
NO IMAGE 法則/心理学

ストループ効果とは、人は2つの情報を同時に処理しようとすると、お互いに干渉してしまうというもの

ストループ効果とは、視覚に入ってきた情報がお互い干渉してしまうことで発生する現象です。 1935年に心理学者であるジョンストループによって報告されたことが由来です。 ストループ効果は、例えば、文字の色と文...
NO IMAGE 法則/心理学

マッチングリスク効果とは、お客さんが商品を購入する時に抱く将来の不確実な不安を取り除いて上げるテクニックです。

マッチングリスク効果とは、商品の購入後に「これが自分に合わなかったらどうしよう」と不安に思ってしまう心理があり、これを緩和してあげるテクニックのことです。 みなさんも洋服の通販サイトで購入するときに「この洋服は...
NO IMAGE 法則/心理学

コンコルド効果とは、人はそれまでに投資した時間や経済的な物に固執して、損失があっても突き進んでしまう心理

コンコルド効果とは、それまでに行っていたことを続けても、経済的・時間的損失があることを分かっていても、それを止められない心理のことを言います。 経済学ではサンクコストなどとも呼ばれており、子供よりも大人が陥りやすい心理とされて...
NO IMAGE 法則/心理学

座っている時に足をゆったりと伸ばすしぐさの意味は「今の状況に満足しており、リラックスしている」

椅子やソファーなどに座っている時の「足をゆったりと伸ばすしぐさ」の心理は、満足してリラックスしている状態です。 学校の授業中や会社の会議などで見られるしぐさです。 このしぐさをしている状態では、まず「緊張」はしておらず、リラ...
NO IMAGE 法則/心理学

座っている人の肩を立っている人が「ポン」と上から叩くしぐさの意味は「相手よりも上に立ちたい」

座っている人の肩を上からポンと叩く人がいますが、この人の心理としては「相手よりも上」というものです。 このしぐさは会社や学校などで、上司や先生が座っている部下や生徒の肩をポンと叩くしぐさなどでよく見られるものです。 このしぐさで...
NO IMAGE 法則/心理学

手を揉む・手を頻繁に触るしぐさの意味は「気持ちが良いため触ってしまう状態」または「緊張感や不安が強くて仕方なくやってしまう行為」

仕事の会議中などに手を頻繁に揉んでいる人や触っている人がいます。 この手を揉むしぐさの心理としては、「気持ちが良くリラックスしている状態」です。 また、手を頻繁に触るしぐさの心理としては、「不安や緊張など心が落ち着かない状態」です。...
NO IMAGE 法則/心理学

手のひらを相手に向かって立てるしぐさの意味は「これ以上自分に踏み込まないで」という拒否をするサイン

手の平を相手に向かって立てるしぐさの心理は「これ以上自分に踏み込まないで」ということです。 みなさんもよくやったことがある動作だと思いますが、勧誘や何かの誘いを受けた時に、こちら側としては断りたいと思うと、このしぐさをしてしまいま...
NO IMAGE 法則/心理学

肩の片方だけを前に出して斜めに話すしぐさの意味は「今はあまり話したくない」という拒絶のサイン

人と会話をする時に「肩の片方だけを前に出して斜めになるように話すしぐさ」をする人がいます。 この人の心理としては、「今はあまり話したくない」という状態です。 または、真横に近く向いている場合は、本当に嫌われている場合もあり「...
NO IMAGE 法則/心理学

相手に人差し指を向けてピストルのように指差すしぐさの意味は「攻撃や威勢」を張りたい

相手に向かって手でピストルを作り「指差すしぐさ」をする人がいますが、この時の心理としては相手に対する攻撃や威勢を張っているものです。 このしぐさは、主に人差し指をピンと伸ばして、親指を立てた状態で、誰かに向かっ...
NO IMAGE 法則/心理学

異性とデートをしている時に、足を交差させて立っているしぐさの意味は「デートに安心している状態」

異性とデートをしていると、相手が「足を交差させて立っているしぐさ」をしていることがあります。 この時の心理としては、「デートに安心している状態」です。 男女がデートをしていると、交差点で信号を待つときや男女の...
NO IMAGE 法則/心理学

口に手を当てるしぐさの意味は「失礼な言葉が出ないように」「言ってしまったことを口に戻したい」

口に手をあてて喋るしぐさをしている人がいます。 この時の心理としては「失礼がないように注意深く話している」「言ってしまった言葉を元に戻したい」のどちらかです。 特に「あっ」と表情をして、思わず口を手で押さえた場合は後者の「言ってしま...
NO IMAGE 法則/心理学

会議や商談、デートなどでテーブルの上で「こぶしをギュッと握るしぐさ」の意味は怒りを感じている

会議や商談、デートをしている時に、「机の上に置いた手でこぶしを作って、ギュッと握るしぐさ」を見ることがあります。 あのしぐさの心理としては「怒りをグッとこらえた状態」です。 このしぐさは、他人に怒りや憤りを感じている時に...
NO IMAGE 法則/心理学

ソファーや床の上で体育座りをするしぐさの意味は「悲しいことや辛いことに直面している」

ソファーや床の上などで体育座りをするしぐさがあります。 この時の心理としては「悲しいことや辛いことに直面している」というものです。 他にも「相手に対して緊張や不安が無い状態」がありますが、このページでは「悲しいことや辛いことに直面し...
NO IMAGE 法則/心理学

腕を腰にあてて背筋を伸ばすしぐさの意味は「自分のテリトリーを広げたい」というあらわれ

腕を腰にあてて背筋を伸ばすしぐさがあります。 この時の心理としては「自分のテリトリーを広げて優位性を保ちたい」という状態です。 人が腰に腕をあてて背筋を伸ばすしぐさがありますが、これは自分のテリトリーであるスペースを大きく取って...
NO IMAGE 法則/心理学

腕を大きく上にあげるポーズを取るしぐさの意味は、何かを成し遂げた時に行なう「喜びを持ったポース」

仕事や何かをやり遂げた時に「腕を大きく上に挙げて喜ぶ動作」がありますが、このポーズは「何かを成し遂げた時によく行なう」しぐさです。 また興味深いことに、ポーズを取ることで気分を高揚させることもできます。 みなさん...
NO IMAGE 法則/心理学

体重をかける足をコロコロと右左と変えるしぐさの意味は「心理的に不安定な状態」

少しの時間立っている時に体重をかける足をコロコロと変える人がいます。 この時の心理としては「心理的に不安定な状態」で、緊張やストレスを感じている状態です。 「体重をかける足をコロコロと変える」とは、立った状態で片方の足に...
NO IMAGE 法則/心理学

首を触るしぐさの意味は異性関係では「相手への興味や関心を持っている」または「心理的な緊張状態」

異性の前で首を触るしぐさの意味は異性関係であれば「相手に興味がある」「関心を持っている」という状態です。 または2つ目としては、不安やストレスを感じている「緊張状態」であり、それを柔らげるという心理です。 このどちらかはその時に他の...
NO IMAGE 法則/心理学

可愛く、若く見られたいならば「前髪を下ろして額を隠す髪型」をすると良い

「前髪を下ろして額を隠す髪型」は若々しく、可愛らしく見える髪型です。 特に好きな人がいる女性が異性に対して使える心理テクニックですから、デートなどで相手から可愛い印象を持ってもらいたい時に使いましょう。。 前髪を下ろすとは、ポニ...
NO IMAGE 法則/心理学

損失回避の原理とは「人は得をした時のことよりも、損をした時の方が失望感が強い」というものです。

損失回避の原理とは、「人は得をした時の幸福よりも、損した時の喪失感のほうが強い」という法則です。 この損失回避の原理では、人が新しく1万円の洋服を買った時の幸福が1だとすると、1万円の洋服を失った時の損失感は約2万円になります...
NO IMAGE 法則/心理学

人が注意を引きやすいデザインは「三角形」「黄と黒の組み合わせ」「アクセレントカラー」の3種類

私達の身の回りには、人が注意を引きやすいデザインについては3つほどあります。 三角形のデザイン 黄色と黒のデザイン アクセントカラー この3つは人が着目しやすいデザインですから、これを利用することで ...
NO IMAGE 法則/心理学

寛大効果とは「損して得とれ」。つまり「商売人は小さいことを気にせずに、もっと大きなことにこだわれ」

寛大効果とは「小さな損をしてでも、大きな得を取ったほうが良い」というもので、主に商売や人間関係などで使われている効果のことです。 つまり、小さなことにこだわってしまうよりも、大きなことを考えなさいという効果です。 ...
NO IMAGE 法則/心理学

カウントダウン効果とは「期限を知らせると人はつい行動してしまうという心理」で物を買ってらもらいたい時に使えます。

カウントダウン効果とは、「人に緊急性をアピールすることで行動を促そう」というものです。 このカウントダウン効果では、人にカウントダウンする日付や時間などを示すことで、人に物を買ってもらったり、行動を促進するものです。 「...
NO IMAGE 法則/心理学

アンカリング効果とは「人は最初の情報に目がいってしまうというもの」。商品を売りたい時に使える心理テクニックです。

アンカリング効果とは、最初に見た数字が印象に残り、その後の判断に影響を与えてしまう心理のことです。 このアンカリング効果では、人が最初に見た数字に 例えば、みなさんも見たことがあるでしょうが、スーパーやネット通販などでは、以...
NO IMAGE 法則/心理学

現物効果とは「イメージや概念よりも現物を見た方がすぐに分かりやすい」という人間の心理

「現物効果」とは、人に話したりイメージをさせるよりも、現物を見せた方が理解をしやすいという心理を利用したテクニックです。 つまり、人は話やイメージをさせるよりも実物を見せた方が理解しやすいのです。 日本では昔から「百聞は一見に如かず...
NO IMAGE 法則/心理学

今すぐ効果とは「将来の大きな利益よりも、直近の小さな利益に目が行ってしまう」心理のことです。

「今すぐ効果」とは、遠い将来の大きな利益よりも目の前の小さな利益を選んでしまうという心理を利用したものです。 身近な例では、エコカー減税や消費税の還元セールなどがこの効果を利用したものだと言えます。 なぜ...
NO IMAGE 法則/心理学

フットインザドアテクニックとは「簡単なお願いごとをした後に大きなお願いをすると聞き入れやすい」という心理です。

「フット イン ザ ドアテクニック」とは、まず小さなお願いをして、それが了承されたら次に本当にしたい大きなお願いをすると了承されやすいという心理を利用したテクニックです。 別名では「段階的要請法」とも呼ばれています。 ...
NO IMAGE 法則/心理学

ドア イン ザ フェイステクニックとは「大きなお願いごとをした後に、小さなお願いをすると相手が聞き入れやすい」という心理です。

「ドア イン ザ フェイステクニック」とは、大きなお願いごとをして断られた後に、小さなお願いごとをするとそのお願いごとは受け入れられやすいという心理を利用したテクニックです。 この「ドア イン ザ フェイステク...
NO IMAGE 法則/心理学

ランチョンテクニックとは「食事をしている気分の良い時には、お願いごとに寛容になる傾向がある」心理です。

ランチョンテクニックとは、人は食事をしている時には、お願いごとに寛容になりやすいという心理を利用したものです。 このテクニックを使うと、恋愛でもお願いごとを了承してくれやすくなったり、仕事であれば商談を上手く成立させることにも役立ちま...
NO IMAGE 法則/心理学

相手と同じ動作(ミラーリング)をしてしまうしぐさの意味は「同調・共感」

ミラーリングという言葉があります。 これは「相手がしているしぐさ、または自分がしているしぐさを真似してしまう」ということです。 例えば、男女がカフェで2人デートをしているとしましょう。 男性が会話の最中にコーヒーを...
NO IMAGE 法則/心理学

椅子に座りながら足を開いているしぐさの心理は「リラックス」

深夜の終電や会社の会議、男女のデートなど身の回りで座っている人をよく見かけるでしょう。 その時に「足を開いて椅子に座るしぐさ」をしている人がいます。 この「足を開いて椅子に座るしぐさ」をする人の心理は、リラックスした...
NO IMAGE 法則/心理学

付き合っている異性がそれまでよりも声のトーンが下がったら「関係が落ち着いてきた証拠」

付き合っている異性の声のトーンが下がってきたという方がいるかもしれません。 「付き合った頃は声がもっと高く、一緒にいたときのテンションも高かったのに」と思うでしょう。 声のトーンが下がってきた理由としては、「...
スポンサーリンク