法則/心理学

NO IMAGE 法則/心理学

貧乏ゆすりをする心理は「ストレス、不安」

貧乏ゆすりをする心理は「ストレスや不安」があります。 正確な理由は未解明ですが、1つの説として自分を落ち着かせるというものがあります。 どうして貧乏ゆすりをするのかというと、ストレスが溜まるとこれを発散させたいと思いがあり、...
NO IMAGE 法則/心理学

異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」

異性が遠くからじっと見つめてくる視線を送る心理は「好意」か「敵意」です。 昔から「目は心の鏡」というように、人のしぐさの中で視線は気持ちをよく表す部分です。 「目」は視覚という人間が得る情報の中で多くを占めています。 例え...
NO IMAGE 法則/心理学

まばたきが多いしぐさの心理は隠しごとやウソなどによる「緊張」

まばたきが多いしぐさの心理は緊張です。 人は緊張を強く感じると、まばたきをしてしまいます。 別の記事で解説したように、人はストレスを感じると必ずしぐさや行動として反応が出てしまいます。 このまばたきが多くなるという...
NO IMAGE 法則/心理学

異性が横目でちらっと見てくるしぐさの心理は「好意」

異性が横目でちらっと見てくるしぐさの心理は「好意」が多いです。 どうして横目でチラッと見るのかといえば、「相手に気づかれたくないけれど、相手のことを見てみたい」という気持ちがあるからです。 目から得る視覚情報は、人間が感...
NO IMAGE 法則/心理学

ストレスを感じると「しぐさ」として体に反応が出る

ストレスを感じると、人はそれを別の形にして発散する生き物です。 人はこのストレスを感じた時にそれを内に溜めておくことができません。 そのため「ストレス反応」として何かしらのしぐさや行動として起きてしまいます。 これはシーソ...
NO IMAGE 法則/心理学

会話や会議中にペンを回して落とす癖・しぐさの心理は「早く終わりたい」

会社の会議中にボールペンを指で回しては落とす癖のある人が時々います。 このしぐさの意味は「集中力が切れたので早く終わりたい」という意味です。 特に何度もこの行為を繰り返すという場合は、相当ストレスが溜まってイライラしている状...
NO IMAGE 法則/心理学

変なタイミングで笑うしぐさの意味は「マイペース」

会話をしている時に変なタイミングで笑う人を見たことがあると思います。 こういう方の心理は至って「マイペース」な人間です。 通常の会話では笑いの起きるポイントというものがあります。 例えば、話の「オチ」というものなどが挙げら...
NO IMAGE 法則/心理学

椅子に浅く座っているしぐさの意味は「緊張」

会議や商談、男女のデートで椅子に浅く座っている方がいます。 このしぐさの心理としては「緊張」です。 他にも具体例としては 肘掛けのあるゆったりとして椅子なのに浅く座っている 長時間の会議なのに浅く座っており落...
NO IMAGE 法則/心理学

好きな人と話しながら作業をすると手が震えやすいしぐさの意味は「緊張」

好きな人と話しながら作業をすると手が震えてしまう方がいます。 このしぐさの意味は「緊張」です。 では、どうして緊張するのかが最も大事です。 そこには「恐怖」という感情があります。 恐怖といっても好きな人が怖い...
NO IMAGE 法則/心理学

茹でガエルの法則:いつまでも昔のファッションに執着すること

「茹でガエルの法則」とは、周りの大きな変化を無視していると時代に乗り遅れるということです。 これは、カエルを熱いお湯の中に入れると慌てて飛び出しますが、水の中に入れてからゆっくりと熱していくとお湯になってきていることに気づかず...
NO IMAGE 法則/心理学

2対6対2の法則

「2対6対2の法則」とは、パレートの法則をさらに細かく見た法則です。 この法則では、多くの集団は「上位の20%・中位の60%・下位の20%に分かれる」というものです。 この法則はどんな時に使えるのかと言えば、例えば国民の所得...
NO IMAGE 法則/心理学

群集心理:悪い人間が集団をなして襲いかかる(集団が悪いわけではない)

群集心理とは 群集心理という物があります。 この群集心理には「人が集まると抑制がきかなくなる」というものがあります。 この群集心理は普段一人では悪いことをしない人でも集団になってしまうと悪いことを行なった時に歯止めが利...
NO IMAGE 法則/心理学

20対80の法則(パレートの法則)

「20対80の法則」とは、分かりやすく言うと80%の結果は20%が影響しているというものです。 約100年前にイタリアの経済学者のパレートが提唱したもので、別名として「パレートの法則」とも呼ばれています。 例えば、 ...
NO IMAGE 法則/心理学

会議や打ち合わせ中に時計を頻繁に見るしぐさの心理は「別の用事が迫っている」

仕事の会議や商談中に「頻繁に時計を見る方」の心理としては「次に別の用事があり、その時間が迫っているため焦っている」というものです。 もっと言うと「次の予定が迫っている」と言えます。 例えば、 会議や商談の後に次...
NO IMAGE 法則/心理学

異性と目があった時に目が大きくなるしぐさの心理は「興味や関心」

異性と目が合った瞬間に目が大きくなったように感じることがありますが、この時の相手の心理は「興味や関心」です。 人は好きな人を目で追いやすいので目が合う機会は自然と多くなります。 その中でも目が合った時に「目が大きく」なった場合は「相...
NO IMAGE 法則/心理学

自分が近くに寄ると急にしゃべりだす異性のしぐさの心理は「気にかけて欲しい」

自分が近くに寄ると急にしゃべりだす・やや大きな声で話す異性がいる場合、その時の心理は「気にかけて欲しい」です。 特に学校や職場など「話しかけたいけれども話しかけられない何らかの理由」がある場所で、よく起きることです。 そ...
NO IMAGE 法則/心理学

椅子に深く腰を掛けているしぐさの心理は「リラックス」

椅子に深く腰をかけて座っているしぐさの心理は「リラックスしている」です。 取引先との商談や会議や面接、学校の試験などで相手が深く座っている方はこういった心理をしています。 なぜかといえば、足は人間が移動する時や逃げ出す時に最...
NO IMAGE 法則/心理学

悪貨は良貨を駆逐する法則:悪い物が良い物を滅ぼす

「悪貨は良貨を駆逐する」とは悪いものがはびこると良いもの駆逐されるという意味です。 別の言葉では「グレシャムの法則」とも呼ばれています。 この法則では、悪いものがたくさん出回ると良いものがなくなってしまい社会的も良くないとい...
NO IMAGE 法則/心理学

水を沢山飲むしぐさの心理は「緊張」している状態

水をたくさん飲むしぐさの心理は「緊張」です。 会議や商談中、学校などで水を沢山飲んでいる人を見かけると思いますが、この時の心理としては緊張していると言えます。 なぜかと言うと、人は緊張すると喉が渇くのです。 緊張すると交感...
NO IMAGE 法則/心理学

見ていない時に異性をじっと見つめるしぐさの心理は「好意」

少し遠くにいる異性が何かの作業をしている時に「ジッと見つめてしまうしぐさ」があります。 この時の心理は「好意」がある状態です。 例えば、会社の座席やカフェのテーブル、学校の教室などで遠くから異性に見つめられているような気がし...
NO IMAGE 法則/心理学

好きな異性との待ち合わせで小走りで来るしぐさの意味は「好意」

好きな異性と待ち合わせをして相手が小走りで走ってくるしぐさは【好意】の表れです。 では、なぜ小走りで向かってくるのかというと、 人間は「楽しみにしているものは早く向かう」心理があるからです。 子供の時にも遊園地など...
NO IMAGE 法則/心理学

男性の前で首をかしげるしぐさをする女性の心理は「好意や自分をかわいく見せたい」

男性の前で首をかしげる動作をする女性の心理は【あなたに好意がある】【ただのぶりっ子】のどちらかです。 この時の女性の心理として考えられることは2つあります。 1つは首をかしげる動作は、女性が男性に好意を持っており...
NO IMAGE 法則/心理学

会議や授業中に指で机を叩く仕草の意味は「不満が溜まっている証拠」

会社の会議や学校の授業中に「指で机をトントントン」と叩く人がいますが、あの意味は【不満が溜まっている・イライラしている】ということです。 もっと言うと、「早く会議が終わって欲しい」「座ったままの状態から抜け出したい」などその状況を早く...
NO IMAGE 法則/心理学

目を合わせた時に目が左右に泳ぐ人は「ウソを言っている」「心を見透かされたくない」と思っている

会話をしている時に「目が左右に泳ぐ人」がいますが、この人の心理は「心を見透かされたくない」と思っているからです。 なぜそうなってしまうのかというと本人が「ウソを言っている」場合や「自分の心の中を見透かされたくない」と思っているため、目...
NO IMAGE 法則/心理学

口が開いたまま何かを見つめる仕草の意味は「見ているものに夢中になっている」

口を開いて何かを見つめるしぐさの意味は「見ているものに夢中になっている」ということです。 人は基本的に活動中は口を開けたままにすることはありません。 これは口が口内や喉、気道や肺、胃腸に繋がっている大事な器官であるため、異物を侵入さ...
スポンサーリンク