どうして女性は話しを聞かないと怒るのか、話しを聞いて欲しがるのか?

 

女性から「どうして話しを聞かないの?」「なんで真剣に話しを聞いてくれないの?」と言われたことのある男性は多いと思います。

どうして女性は話しを聞かないと怒るのか?

女性は「話を聞いてもらいたい生き物」だからです。
女性が怒る理由は、男性が話を聞かないということは、コミュニケーションを遮断していることに等しいからなんです。
女性の会話は「その話の目的や要件」ではなく「会話自体」が大事なので、話を聞いてくれないというのは残念に感じるのです。
女性は男性とは違って「会話やコミュニケーション」を求めますから、基本的におしゃべりで話好きです。

だから、女子会や井戸端会議が存在します。
遭って話をするということが成り立つのです。
一方、男性は「話を自体を目的に」するというよりも「話で得られる結果」を目的とするため男子会や井戸端会議をしないのです。

 

なぜ女性は会話を大事にするのか?

「なぜ女性は会話を大事にするのか」について、1つに昔の名残があるのではと予想できます。
それは「会話は自分に関心があるかどうかを確かめる手段」であったのではないかということです。
大昔も今も女性は男性が自分を養ってくれるかどうかが大きな問題でした。
男性は狩猟に行き、女性は子育てや採取などを行なっていたので、男性がいないと女性も生活が出来ずに困ってしまいます。

そこで「自分を大事にしてくれる、関心を持っている男性を探す」必要があります。
この際に女性の些細な話をこぼさず聞いてくれる男性は、自分(女性)に興味を持っているかどうかを測るバロメーターになったのではないかということです。

男性が女性を怒らせてしまう原因は「性差」の違い

男性は「話しの要件」を端的に話してもらうことを求め、結論や何が言いたいのかということをハッキリと伝えてもらいたいのです。
ですから、男女が会話をすると女性の話しの途中で「つまり、こういうこと?」「何が言いたいの?」と男性が話しを遮って結論を急いでしまうことがあります。
これは男性は悪気が有って言っているのではなく、性差によるものがあるのだろうと言えます。
女性を怒らせてしまう原因は、男女では会話や情報の伝達に関して少し目的が異なるのですれ違いが発生し、お互いに衝突してしまうということです。
男性は「要件を知りたい」、女性は「話がしたい」という考えの違いが、衝突を産んでしまうのです。

 

⇒ 【男女の違い】男性はメールが冷たい、女性は話を聞いてもらいたい生き物

 

 

今回のまとめ
  • 女性にとって会話は重要なコミュニケーションで、男性のような結果を急ぐ情報伝達手段ではないこと
  • 男性は女性の話を最後まで聞こう

 

 

コメント