男性はストレスを感じると無口になって黙り込む

スポンサーリンク

男性はストレスを感じるとどうなるのかと言えば、「無口になって黙り込む」ということになります。

例えば、旦那さんや彼氏がと食事をする際に普段よりも無口になってあまりしゃべらないことがあります。
この時の心境としては仕事やプライベートなどでストレスがあり、それを抱えている状況です。
女性はわかりにくいのですが、男性の場合はストレスを溜めるとこのように抱え込んだりする傾向にあるのです。

 

この時にしてはいけないことは、無理に聞き出すことです。
男性の場合はストレスを感じると抱え込んで話さなくなることが自然の反応なので、それを無理にこじ開けようとすると反発をします。

 

この時はどうするべきかと言えば、出来るだけそっとしておくことです。
男性が黙って機嫌が悪そうに感じたら、無理にしゃべらせようとせずに、少し落ち着くまで時間をあけましょう。
男性はしゃべることでストレスを発散させようとはしないので、女性とは違った考え方が必要です。

 

 

一方、「女性はストレスを感じると「おしゃべり/話すこと」で発散する」で書いたように、よくしゃべるようになり、それを話すことで発散しようとします。

女性はしゃべることでストレスを発散できる他、元々会話のコミュニケーションが上手な生き物なので、女子会や井戸端会議など長時間話すことも厭わないのです。

 

もし女性の方が、旦那さんや彼氏がいつもより機嫌が悪そうに黙っていたり無口になっていたら、少しストレスが溜まっていると考えておきましょう。

 

 

コメント