女性はストレスを感じると「おしゃべり/話すこと」で発散する

スポンサーリンク

女性はストレスを感じると「おしゃべり」など話すことでストレスを解消させます。
これは女性特有で、男性のストレス解消方法とはやや異なります。

 

では、なぜ女性は話すことでストレスを解消するのかというと、「女性は感情を共有したい生き物」だからです。

女性は「女子会」「井戸端会議」など男性がしない行動が多く見られます。
これは女性が会話が非常に上手でコミュニケーション能力に優れていることが関係しています。

例えば、夫婦の会話でも女性が「今日はこんなことがあって〜あれがこうでこれが〜…」と会話が延々と続くことがあります。

 

そして、女性は「感情の生き物」であり、ストレスが溜まると周りと感情を共有することでストレスを解消したり安心感を求めるのです。

女性はストレスが溜まると、話すことで周りに自分の気持ちを聞いてもらって発散をさせます。
女子会などで話した後に「スッキリ」とするのは女性の特徴でもあります。

 

ですから、女性がおしゃべりになった時は「ストレス」が溜まっているということが考えられます。
もちろん「気分が良いためたくさん話したい」ということもありますから、ただ気分が良いのか、相手の女性の表情や言葉からストレスが溜まっているのかを判断しないといけません。

 

 

一方、男性はストレスが溜まるとダンマリとしゃべらなくなります。
男性はストレスが溜まると会話を拒絶して、元気がなくなります。

女性から見ると「無愛想」に見えますが、こういった時には「ストレスが溜まっているんだな」と思って、そっとしておくと良いでしょう。
この時は男性も話を聞ける状態ではないので、無理に多くを話しても無駄です。

 

また男性はストレスが溜まると、性欲が活発になる傾向にあります。
これはストレスで交感神経が刺激され、副交感神経に強く振られるためかと言えます。
政治家などは選挙期間中に子供が出来ることが多いという情報がありますが、男性はストレスなど緊張状態があるとその揺り戻しで、副交感神経が活発になり性欲が上がるということです。

男性はストレスが溜まると、性欲を使って発散することもあるので合わせて覚えておきましょう。

 

 

コメント