女性は好きな男性の前では「ぶりっ子」になり、声のトーンがいつもよりも高くなる傾向があります。

 

女性が特定の男性の前で「ぶりっ子になり、声のトーンが高くなる」ことがあります。

 

この時の「女性がぶりっ子になり、声のトーンが高くなる」心理としては、その男性のことを好きになっている可能生が高いです。

もっと言うと、その男性が好きなのでアピールをするために本能的に自然とやってしまっている事と言えます。

 

 

なぜ女性はぶりっ子になり、声のトーンを高くするのかと言えば、「男性が声のトーンが高い女性を好む」からです。

 

男性は女性らしい女性を見ると、本能的にその女性を魅力的に感じます。
この声の高さも女性らしさに関係しており、声が高い女性の方が男性から魅力的に思われるのです。
男性は声が低いので、女性の声のトーンが高いと自分にはない魅力として本能的に感じます。

 

そして、女性もこの男性の心理を本能的に知っているので、好きな男性がいると声を高くしてぶりっ子になるのです。

 

 

これは女性が男性を獲得しようとする1つの方法です。

女性は男性とは違い、多くの子孫を残そうとしているわけではありません。
女性は自分の体に子供を宿すので、本能的に良い男性の遺伝子を貰いたいと思っています。

ですから、好きな男性に気に入られるために、本能的に男性に可愛らしく思われるようにしてしまうのです。

 

男性から見ると、なぜ声が高くなりぶりっ子になるのかよくわからないでしょうが、女性としては本能的に行なっていることです。

もし男性が見かけても、それを責めたりしない方が良いでしょう。

 

 

そして、このぶりっ子になり声のトーンを高くすると、周りの女性はすぐ気がつきます。
これはほとんどの女性が知っていることであるため、周りがやっているとすぐわかるからです。

「女の敵は女」と言われていますが、これをすると周りの女性からの目がキツくなることもあるので、出来るだけ好きな男性と2人きりでいるときにするようにしてください。

 

 

 

コメント