男性は「コレクター」「収集家」など物に興味を持ちやすい

スポンサーリンク

男性は「コレクター」「収集家」になりやすい傾向があります。
自動車やバイク、カード・フィギアやプラモデル・鉄道の写真や模型を集めるのはほとんどが男性で、女性よりも男性に見られる傾向です。

 

オタク・マニア・コレクターという言葉を聞くとほとんどの方が男性を想像すると思いますが、それは間違いではありません。

 

では、なぜ男性は「物を収集するコレクター」なのでしょうか。

これは「男性が「物自体」に興味を示す生き物」であることに関係しています。
男性は物がどのように出来ているか、なぜそのような形なのか、いつそのような物が生まれたのかという物自体に興味を持ちます。

そして、それを集めて自分の世界を作っていくことに興味があるのです。
小さい子供はウルトラマンや仮面ライダーなどの人形をたくさん買って欲しいとねだりますが、これは男の子が小さい時からこの心理を持っているといえる例でしょう。

 

 

一方、女性も「洋服」「ネックレスや指輪・ブレスレットなどアクセサリー」「ブーツやヒール」など【自らを美しくしてくれる装飾品を集める】ことが多いです。
しかし、ここでは男性と異なり【自分を美しくしてくれる装飾品に限って】です。

これは女性が本能的に良い男性を求めるために、自分を美しくしたいという思いに関係しています。
化粧をしたりネックレスをするなど、自らを美しくするのは良い男性の目に留まりたいという思いが根底にあります。

ですから、女性がコレクターになっても集めるものはアクセサリーや洋服など「装飾品」が多く、プラモデルやフィギアなど自らの美に関係しない物は集めないのです。
しかし、男性は物自体に興味を持つため女性から見ると不要な物が多いのです。

だから、男性は「洋服が必要ないなら捨てろ」と言い、女性は「何でこんなにフィギアがあるの?必要?」とケンカになるのです。

つまり、お互いがお互いの心理を分かり合っていないわけですね。

 

こういったことから、もし女性のあなたが彼氏や旦那さんが自宅にフィギアやプラモデルをたくさん持っていても絶対勝手に捨ててはいけません。
男性も女性の装飾品は捨てることを促さない方が良いでしょう。

 

 

 

コメント