男性が恋愛で選ぶ女性、結婚で選ぶ女性

スポンサーリンク

 

男性が恋愛で選ぶ女性と、結婚で選ぶ女性は少し異なります。
これは女性よりも男性側に顕著だと言えます。
なぜなら、女性は妊娠するリスクがあり男性にはそのリスクが無いからですね。

では、どのように違うのか見てみます。

男性が恋愛で選ぶ女性

男性が恋愛で選ぶ女性は「軽い女性」「すぐに関係を進められそうな女性」です。
もちろんそこに「好み」「感情」なども加わってきます。

恋愛が結婚と違う理由は、「男性に責任が無いこと」です。
女性からは信じられないかもしれませんが、遊び目的で付き合う男性もいますし、期限を決めて付き合う男性もいます。
こういった男性には気をつけなくてはいけませんが、こういった男性が選ぶのは「軽い女性」です。

なぜなら、「恋愛だけで済ませたい」からです。
「恋愛関係なら分かれてしまえばそれまでをチャラにできるから」と思っているからです。

しかし、男性が結婚を考えて恋愛しているかどうかを判断することは同性である男性でも難しいのが現状です。
これは女性としても非常に慎重に考えないと変な男性に引っかかってしまいます。

ですから、男性が本気で結婚をする気があるかどうか確かめることをしなくてはいけません。
たとえば「結婚までに男女関係を持たなくてもOK」か、また「両親にしっかりと挨拶できるか」ということもポイントです。
恋愛目的の男性は後腐れ無く責任を取りたくないので、こういった紳士な付き合い方ができません。
また「恋愛と結婚は別」だと考えているので、一緒にいた時間が無駄になることがあります。

 

男性が結婚で選ぶ女性

しかし、結婚で選ぶ女性は恋愛で選ぶ女性とやや異なる傾向があります。
これは恋愛と結婚では求められるものがやはり違うからです。
女性もイケメンが好きな方もいますが、結婚できるかといえば経済力などを見ると思います。
これと同じ論理で男性も結婚を考えると恋愛とは別のポイントで女性を見る傾向があります。

男性が結婚で選ぶ女性としては「貞節である」「料理が上手」「内助の功」などが例として挙げられます。
これらをどれだけ満たせば良いかという基準がなく、それは相手の男性次第です。
「どうしても男性は若い女性が好きなのか?」でも書いたように、「女性の貞節」は男性にとって死活問題です。
生き物にとって子孫を繁栄させたいという意志は本能に刻まれています。
遊び歩いている女性では男性が安心して暮らせず、いつも不安を抱えながら生きてしまうことになります。
男性は女性と違って自分の体に命を宿すことができないため、女性に任せることしかできません。
その女性が自分以外の子供を産むことは、男性から見て有り得ないことです。
ですから、貞節がしっかりしている女性というのは結婚を考える男性から見て重要なことです。
男性は結婚相手にはこういった女性を選ぶ傾向にあります。

料理についてはわかるように「結婚すると料理を毎日食べる」からです。
男性に気に入られる料理のポイントとしては「その男性の母親の料理を徹底的に真似る」ことです。
男性がそれまで育ってきた中で食べてきた味を真似れば、まず気に入られます。

また「内助の功」とは最近聞かなくなった言葉ですが、女性がいかに男性を立てられるかということは時代を超えて重要なことです。
男性は集中力がある一方で細かなことに気がつきにくいため、女性が補ってあげることで男女は営んで行けます。
男性も結婚後のことを考えるので、この女性と一緒に生活できるかということを重視します。

容姿がキレイな女性なら誰でも結婚できるわけではなく、また言い方は悪いのですが容姿が良くない女性でも結婚できる理由として、この男性が求めるものが結婚と恋愛で異なるということが挙げられます。

 

スポンサーリンク

恋愛で結婚まで考えている(結婚を前提に付き合う)男性は?

男性の全てが恋愛と結婚を分けているわけではなく、恋愛の延長に結婚を考えている男性もいます。
もっと言うと「結婚を前提に付き合う男性」とも言えます。

こういった男性は恋愛相手も将来結婚することを前提として付き合いますから、付き合う女性も結婚相手向きの女性となります。
恋愛向きの女性を結婚を前提に付き合うということはせず、結婚向きの女性と恋愛をして結婚するということです。

こういった男性は恋愛経験が少なく、また自分から結婚を考えるような相手を選ぶため、男性が振って分かれるというよりも女性から振られることの方が多いでしょう。

しかし、女性側からとしては付き合っているときに男性が自分を結婚前提に交際しているかは確かめることが困難です。
女性側としては付き合っている最中も慎重な付き合いにして恋人の想いが本気なのか見分けなければいけません。

 

 

コメント