【歴史的保存版】間違っても男性に言ってはいけない言葉

スポンサーリンク

男性に言ってはいけない言葉があることをご存知でしょうか?

実は「男性の機能面や能力をバカにする言葉」を男性に言ってはいけません。

具体的な例を出すと…

  • 「◯◯さんって役に立たないよね」
  • 「◯◯さんって使えないよね」
  • 「◯◯さんって年収が低い」

などが挙げられます。

これらの言葉は「男性の機能や能力」をバカにした言葉です。

スポンサーリンク

なぜ「男性の機能や能力」は言ってはいけないのか?

男性は大昔には動物の狩りを中心に行なっていました。
この狩りには非常に労力が必要で、男性が獲物を取って来れるかどうかは家族の命や存続に関係するのです。

つまり、男性の本来の存在価値は「能力や仕事の遂行能力」なのです。

今の時代と異なり生死がより身近にあった当時の男性の価値は「獲物を取って来れるか」ということです。
現代で言えば年収のようなものです。

男性に「機能や能力をバカにする」言葉をかけることは「お前は価値が無いよ」と言っているのと同じわけです。

ですから、この長い時代の名残があり男性には「機能や能力をバカにする」をする言葉はかけてはいけないのです。

 

好きな男性がいる女性は「男性の機能面」を褒めると好感度アップ!

この「機能や能力をバカにする言葉を男性に言ってはいけない」ということを応用して、好きな男性に気に入られる方法もあります。

それは「男性を褒めて立てる」ことです。
男性は機能や能力をバカにされることを嫌がるので、逆に褒めることでその特徴を活かしましょう。

昔から「男は立てるもの」という言葉があるように、男性は褒めて持ち上げる方が上手くいくのです。
男性は集中力が高く人の話を聞かない傾向にありますが、比較的女性よりも単純にできています。
男性は褒めて褒めて調子に乗せておけば、勝手に飛躍して活躍する可能生があります。
これは男性の良い特徴でもあります。

男性を立てることが上手な女性は最近では「アゲマン」と呼ばれ、男性としても一緒に居て悪い気分がしないのです。
褒めることは非常に大事なことで、会社の席でも上司をヨイショする人間が出世しますし、褒めるということはそれだけその人をしっかり見ている証拠でもあるわけです。
現代では男性は普段から褒められる機会が少ないですから、褒めてくれる女性は貴重な存在です。
男性を褒める女性も近年は減っていますから、こういったテクニックを使うだけで意中の男性の心に忍び込むことができます。

一方、男性に嫌われやすい女性は「言葉に刺がある女性」です。
上記のような言葉を頻発する女性は、男性から疎まれることがあります。

 

今回のまとめ

男性には【機能や能力をバカにする言葉】を言ってはいけない

 

コメント