【男女の違い】男性はメールが冷たい、女性は話を聞いてもらいたい生き物

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

男性と女性は伝え方が違う

男性と女性ではメールやLINE、SNSや会話などのコミュニケーションでの伝え方がやや異なります。
これは優劣ではなく性差であり、もちろん男性でも女性でも個人差があります。

その点も踏まえて紹介していきます。

 

男性のメールが冷たいのは「要件を短く伝える生き物」だから。

男性のメールを見て「冷たい」「そっけない」と思う女性が多いと思います。
男性のメールは「明日の待ち合わせは◯◯時」「持ち物は◯◯」など非常に事務的な内容が多いです。

これは何故かというと「男性は要件を伝える」ということが主なコミュニケーションだからです。
女性と違ってメールやLINEなどのコミュニケーションは、要件だけを伝える傾向にあり、特に男性同士の会話では目的や結論が明確にされた会話が多く、無駄を嫌う傾向にあります。

これは何故なのかと言えば、大昔に狩猟をしていたことが関係するのではと思います。
狩猟の時には仲間に「動物がいる位置」「捕獲する際の合図」など「要件」が重要になります。
つまり、コミュニケーションは無駄が少なく事実を適切に伝える必要があるわけです。
この大昔の長い時代の慣習が現代の男性のコミュニケーションの方法に繋がっているのではと思っています。

ですから、男性のメールがそっけなくても「女性に気がない」とも言い切れません。
男性はもともと手っ取り早い情報交換を好みますから、そっけなく感じるものです。
また丁寧なメールや連絡が来た時は「男性が女性に気がある」可能生もあります。
普段よりも女性の話を聞こうとしている、コミュニケーションを取ろうとしているということは男性が気を遣っている証拠です。

 

女性が話を聞いてもらいたいのは「感情を共有する生き物」だから。

男性から見て女性のメールやSNSなどのメッセージ・会話は「長い文章」や「意図がハッキリしないもの」が多いです。
これは悪いことではなく、あくまでも性差です。

なぜ女性の連絡は長いのかといえば、女性は話を聞いて「感情を共有して欲しい生き物」だからです。
女性は男性のように「話の結論」「目的」を重視しません。
それまでの過程や流れ・その時のどのように感じたかという気持ちなどを話し、これらを聞いてもらうことが目的です。
なぜそうなのかといえば、1つの予想ですが大昔から女性は子供を産み育てる上で必要だったのではと思います。
こちらについては以下のリンクで解説しています。

⇒ どうして女性は話しを聞かないと怒るのか、話しを聞いて欲しがるのか?

 

ですから、女性にとっては話しの要件を伝えるということよりも、それまでの過程やその時の気持ちを聞いてくれるかが大きな問題になるのだろうと言えます。

男女のちょっとした違いをお互い理解すると、人生はより深まる

上記のように男女ではちょっとしたコミュニケーションでも大きくその方法が異なります。
こうした違いは優劣ではなく男女の性差として存在することを覚えておきましょう。

ここまでを整理すると女性はコミュニケーションや他者との会話に関しては非常に優れた才能を持っているいえます。
また男性も特にコミュニケーションを必要としない仕事や職務での遂行能力が高いのではないかと考えることもできます。

 

関連記事

⇒ 女性はするのに男性が井戸端会議をしない理由

 

 

今回のまとめ
  • 男性は目的まで一直線で伝えたい生き物
  • 女性は感情を共有したい生き物
  • 男性は女性の話しを聞いてあげること
  • 女性は男性に要件を端的に伝えてあげると理解されやすい

 

コメント