どうして男性は女性が丼を食べることを「女の子らしくない」と嫌がるのか?

スポンサーリンク

twitterで「女性が丼を食べるのが許せない、女の子らしくない」こんな話題がありました。

https://snjpn.net/archives/73849

 

結論から言うと「女性が丼を食べてはいけない」ということはもちろんありません。
しかし、実は男性が丼を食べる女性を嫌がる心理もあるのです。

ここで女性が知りたいことは、なぜ男性には女性が丼を食べることを嫌がる人がいるのかということです。

 

 

天丼や牛丼などの丼物は、「ご飯の上に全部のおかずを乗せたもの」という「やや品性に欠ける」ものだと言えます。

日本では食べ物の味や風味以外にも、食材の見栄えや彩り、飾り付け、食材の添え方など細かな点についても磨いてきました。
料理は食べること以外にも、お皿の上にどのように盛りつけをすれば綺麗に見えるか、焼き魚は頭をどちらに向ければ食べやすいか、というように目で楽しんだり、デザインが散りばめられています。

 

 

しかし、こういったものを無視した物が丼です。
もられた物を混ぜたり、グチャグチャにして食べるものです。
食べることだけに集中して作られている食べ物ですから、手っ取り早く食事を取りたいときには向いています。

1つに丼を食べていると、こういったことに理解がないと思われてしまうことが原因です。
「食べてしまえば腹の中では一緒」という考え方とも言えます。

 

 

また丼を食べていると、どうしても同じものをガッツイて食べる姿に見えてしまいます。
お箸のマナーには「重ね箸」といって、同じおかずばかり食べてはいけないというマナーがありますが、丼を食べるとそれしか無いので「ガッツイた姿」になるのです。

 

また丼では、「かけこみ箸」という丼に口をつけてご飯やおかずを箸でかきいれる食べ方もしやすくなります。
同じ天ぷらでも、「天ぷら定食」と「天丼」では食べ方が変わりやすいのです。

 

男性なら多少荒っぽい食べ方をしていても理解はありますが、女性がそういった食べ方をしているとやはり「品がないな」と見られてしまうのです。

 

ここで説明したように、丼には

  1. 丼自体がやや品性にかけたもの
  2. 食べ方がマナーに欠けやすい

という特徴があります。

 

 

では、なぜ女性が丼を食べると女の子らしくないのかということについてですが、男性は女性に「品性」が有って欲しいのです。
コンビニの前で足を開いて地べたに座っていたり、ぺちゃくちゃと口を空けて食事をしないで欲しいと思っているわけです。
これは女性が男性に経済力や頼もしさを求めるのと同じです。

男女はお互いに異なり、お互い求める物が違います。
特に男女の違いを明確に感じている男の人ほど、女性に丼ものは食べて欲しくないと思うでしょう。

 

その結果が、今回の「丼騒動」になったというわけです。

 

コメント