お金持ちの心理的な特徴は「時間や空間を買う」「精神的な余裕が生まれる」「物の価値がわかる」こと

スポンサーリンク

 

お金持ちの人に多い特徴を7つほど紹介します。

スポンサーリンク

お金持ちの大きな3つの特徴

お金持ちの大きな特徴としては、

  1. お金があるため精神的に余裕がある
  2. お金を時間や最適な空間の確保に使う
  3. 物の価値がわかる

という特徴があります。

では、他の特徴と合わせて、もう少し見ていきましょう。

 

お金持ちの人の具体的な特徴7つ

① お金持ちはケンカをしない

お金持ちの特徴として、ケンカをしないということが挙げられます。

昔から「金持ちケンカせず」という言葉がありますが、この言葉はまさにお金持ちの心理状態を表したものといえます。

では、どうしてお金持ちはケンカをしないのかというと、お金があることで心が満たされた状態だからです。

人は良い気分や状態を維持したいと考え、無用なケンカや争いを避けるようになるのです。
お金持ちの人は、お金があって精神的に余裕がある状態ですから、小さいことで気分を害されることを避けます。

 

他にも「食事中に交渉すると成功しやすい」という心理テクニックも、これと同じ心理を利用したものです。
これは食事中に交渉をするとその交渉が成功しやすいというもので、人は気分が良い状態を邪魔されたくないという心理が働きますから、交渉が成功しやすいのです。

お金持ちの人も同じように、精神的に余裕がある状態ですから、わざわざちょっとした争いやケンカをして、気分を害することをしたくないのです。

 

ですから、お金持ちの人はあまり「ケンカをしない傾向」があります。

しかし、「お金があって心が満たされている状態」であるためケンカしないわけですから、お金が無くなると変わってしまう可能生があります。

 

② 服装の質感が良い

お金持ちに人には、服装の質感が良い人がいます。
服装の質感とは、触り心地や着心地、光沢の有無、素材などその洋服の価値などを表すもので、機能やブランドとは少し違います。

詳しくどんな人かというと、ギラギラとした装飾品を持っているのではなく、上記のような洋服の質が良いものを着ている人です。

では、どうしてお金持ちの人は洋服の質感が良いのかというと、物の価値の違いを分かった人が多いからです。

 

実際に洋服の場合は高額な物でも原価が安いのですが、素材によって質感が大きく変わることが特徴で、お金持ちの人にはそれを見抜ける人がいるのです。
ブランドだから買うのではなく、それが他の服よりも良い物であると判断できるからです。

商売ではこういった物の違いを認識することが重要になりますから、商売をしているお金持ちの人はこういった違いに五月蝿いことも多いのです。

 

ですから、お金持ちな人は「服装の質感が良い」と言えるのです。

③ 自宅の土地面積や部屋数が多い

お金持ちの特徴としては、家の土地面積や部屋数が多いという特徴があり、面白いことに家族が4人でも部屋が6〜10個ある家庭もあります。

 

では、どうしてなのかかというと、自宅の空間は心を休めるために必要なので、大きくなるということです。

人は狭い部屋や空間よりも、広い部屋や開けた空間の方が、気分も開放的になります。
お金持ちの人の家は、玄関やリビングが大きく、天井が高く吹き抜けになっていることもありますが、あれは非常に開放感があり、リラックスするような作りになっています。

高級車に乗る・良い宿に宿泊することと同じように、お金持ちの人は、お金を使って空間や時間を買うという発想に行き着く傾向があります。

 

ですから、自宅が大きく部屋が多い人はお金持ちだと言えるのです。

 

④ 一般常識を知らない

お金持ちの人には一般常識を知らないという特徴もあります。
詳しくどんな人かというと、毎日学校へ運転手に送り迎えをしてもらっていたり、毎シーズン海外旅行へ行くお金持ちなどがあたります。
どちらかというと、普通のお金持ちではなく、桁違いのお金持ちに多いことが特徴です。

 

例えば、かつて日本の有名な人に、自動販売機に向かって「この飲み物をください」と話している人がいました。
その人は「自動販売機には人が入っていると思って話かけた」と言っていましたが、これは普段から自動販売機のような小銭で飲料水を買う機会が無かったからです。

 

では、どうして一般常識を知らないのかというと、庶民と生活環境が大きく違うからです。
これは悪いことではなく、生活環境が大きく違うことが原因ですから、国が違うことで文化が異なることと同じです。

お金持ちはお金を使って時間を買う傾向にありますから、庶民が時間を使って行なうことを知らないことが多いのです。
その結果、庶民が普通に知っていることをお金持ちは知らないということが多々見受けられるのです。

ですから、全く常識知らずな人はお金持ちの可能生があると言えます。

 

⑤ 価値のある備品を使っている

お金持ちになると、備品にもお金を使う傾向があります。

例えば、洋服やファッションではコートやズボン、靴だけではなく、ハンガーや靴磨きなどにもお金持ちをかけます。
他にも自宅の枝きりばさみが通常の物よりも高価な物であったりもします。

 

では、どうしてなのかというと、洋服や自宅といった通常お金をかける物を維持することにもお金を使うようになるからです。
これらを良い状態で保つことにもお金を使うのです。

一般の人であれば、仕事や趣味などに関係していれば備品も高価な物を使いますが、こういった備品については安く済ませる方も多く居ます。

お金持ちはお金がある分だけ、余裕を持って支払うことができるのです。

 

ですから、備品に高価な物を使っている人は、お金持ちだと言えます。

 

⑥ 旅行で宿泊するホテルや旅館のランクが高い

お金持ちの特徴としては、宿泊するホテルや旅館のランクが高いということがあります。

庶民は一般的なホテルや旅館に宿泊しますが、お金持ちはスイートルーム、露天風呂がある客室や会員制のホテルなどに宿泊します。

 

では、どうしてホテルや旅館のランクが高いのかというと、やはり休むことができるからです。

普段から忙しさや喧騒の中にいるので、子供の騒がしさがあるホテルや不特定多数の人と接する旅館などを避ける傾向があります。
ですから、ホテルでもスイートルームなどの良い部屋を選んだり、宿全体の宿泊料金が高い場所を選ぶのです。

つまり、お金持ちはお金を使って、時間と空間を買う傾向があり、お金持ちはこういった高級な宿やランクの高い部屋を選びます。

 

⑦ 自動車のグレードが高く、オプションを付けている

自動車には同じ企業の物でもグレードというものがあります。

例えば、ベンツではAクラスよりもSクラスの車種の方が高級であり、Sクラスの中でもAMGというスポーツタイプはグレードがさらに高級です。

お金持ちも同じように、車を選ぶ時もグレードの高い車を選ぶ傾向があります。

日本車で言えば、カローラよりもクラウンやマークXですし、同じクラウンでも3、4つある中でグレードの高い物を選びます。

 

これはグレードが高い方がオプションが付いており、車の機能(安全装置)や質感(革など)が大きく違うからです。

車は命に直結しやすい場所であるため、車種やグレード・安全装置などにもお金を払う傾向があります。

こういったところにも、惜しげも無くお金を払うことができることがお金持ちの特徴です。

 

 

 

コメント