ぶりっ子の心理と特徴・よく見られる行動として知っておきたいことは「自己アピールのために行為が大きくなる」こと

 

みなさんの周りにも「ぶりっ子」な女性が居ると思います。
そこでこのページでは「ぶりっ子の特徴」や「心理」などについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ぶりっ子とは「女性が好きな男性の前で自分を可愛くみせる」こと

ぶりっ子とは、主に女性が好きな男性の前で自分を可愛く見せようとする行動をする女性を言います。
その行動には、例えば、「首をかしげる」「声を高くする」「大げさに反応する」などがあります。

一般的に女性にのみ使われる言葉であり、男性には使われません。

 

スポンサーリンク

心理としては「相手によく見られたい」だが、深層には「自分を守りたい」という気持ち

ぶりっ子の心理としては「男性に可愛く見られたい」という意識があります。
好きな男性や気になる男性に対して、良い印象を持ってもらいたいために「ぶりっ子」になるのです。

 

さらに、もっと深い心理を見ると「自分を守る・守りたい」ということが考えられます。
自分をよく見せたいという気持ちが強いため、行動やしぐさが大きくなって相手に自分の存在をアピールするということです。

「悪名は無名に勝る」ではありませんが、人は認知をして初めて他者への評価を行ないます。
つまり、知っている相手、気にかけた意識した相手に対して、好きや嫌いなどの評価をするのです。

 

みなさんも街中ですれ違う人に対して「好きか嫌いか」といった判断はせずに、まるで風景のように通り過ぎていると思います。
一方、会社やクラスの友達は、「気が合って良い」「なんとなく嫌だな」と他人を評価をするはずです。

 

つまり、ぶりっ子の女性は、自分を大きく印象付けて相手にアピールすることで、自己の存在感を守っているとも言えるのです。
ただ好きな男性に対する自己アピールだけではなく、自分の存在を知って欲しい・自分のアイデンティティを守りたいという心理も根底にはあるのだと言えます。

 

ですから、その裏返しにぶりっ子の女性は「行動」や「しぐさ」が大胆に目立ち大きくなるものが多いのです。

 

スポンサーリンク

ぶりっ子に多い女性の特徴

ぶりっ子に多い女性の特徴を複数紹介していきます。

自分大好き人間が多い

ぶりっ子には「自分大好き人間」が多いという特徴があります。

「自分大好き人間」とは、何でもかんでも「自分が自分が〜」と積極的に立候補したり、SNSやブログなどでも必要が無いのに自分の顔ばかりをアップした写真を掲載しているような女性です。

自分大好きな人は「自分に自信」がありますから、行動やしぐさも大きくなって「ぶりっ子」になりやすい傾向があります。

 

男に媚びを売れるなら女の目線は気にしない人

ぶりっ子には「女性の目線を気にせずに男性に媚を売れる人」が多いという特徴があります。

「女性の目線を気にせずに男性に媚を売れる人」とは、周りの女性の友人が居ても好きな男性や気になる男性が現れると、周りの目を気にせずぶりっ子全開になる女性です。

こういった女性は、周りの目よりも相手の男性との関係性の方が本人にとって重要になっています。
つまり、男性との関係性を作ることに非常に集中している状態とも言えます。

これは自分をよく見せたいという気持ちが非常に強くなっているために、周りに対して目が行っていない状態であり、まさに「ぶりっ子」と言えます。

 

外向的な人が多い

ぶりっ子には「外向的な人」が多いという特徴があります。

「外向的な人」とは、他者との交流やコミュニケーションを積極的に行なったり、見知らぬ人でも自分から会話をしたりといったように、自分の内側ではなく外へ向かってエネルギーを使う人です。

ぶりっ子の女性は行動やしぐさが大きなるので、まず内向的な女性では無いと言えます。
むしろ自分の気持ちを表現することを厭わない人であったり、積極的に人と関わりたいという女性に多いと言えます。

 

スポンサーリンク

ぶりっ子に多く見られる行動やしぐさ

自分の一番かわいい角度と表情を知っていて、写真はいつも同じ写り方をする

人の顔は左右のどちらかの表情の方が「可愛く見える」という現象がおきます。
これは左右の顔が対称ではないことが原因で、どちらから見るかによってその人の印象も変わってしまいます。
そのため美人は左右対称の顔が多いとも言われています。

 

ぶりっ子の人は自分をよく見せたいという心理がありますから、どの角度なら自分が1番可愛く見えるかよく知っています。
これは誰でも写真や鏡を見ると自ずと気がつくことで、ぶりっ子の人は写真を見てはどちらが自分が良く写るかを知って、次の撮影の時にキレイに見える顔の向きで写真を撮るようになります。

写真をとる時には必ず左右どちらかの顔を正面にしている女性はぶりっ子の可能生があります。

 

相手によってしゃべり方を変える

ぶりっ子は好きな男性や異性の前ではしゃべり方を変えます。

では、どんな風に変えるのかと言うと「声を高く」「笑顔を増やす」のです。

何故なのかと言うと、男性は声が高い女性に魅力を感じるからであり、これを本能レベルで女性は知っているからです。

ぶりっ子ではない女性でも、好きな男性の前では少し声のトーンが上がる傾向がありますが、ぶりっ子の方はその上がり具合が極端だったりします。
特定の男性の前で極端に喋り方の変化がある場合は、その女性はぶりっ子の可能生が高いでしょう。

 

特に上司や目上の人に対して、やけに明るく接する。

その中でも特に上司や目上の人に対して明るくなることもぶりっ子に見られます。
これは上司や目上の男性への好意というよりも、自分への評価を気にした行為です。

良い評価を貰おうと明るく声を高くすることで、男性の心をくすぐろうとしています。

 

怒る時にほっぺを膨らます

怒る時にほっぺを膨らませる行動もぶりっ子に多く見られます。

これは怒っていることをしっかりと相手に伝えるために、言葉や表情以外にも「しぐさ」を使って相手に分かりやすくしているのです。
ただ、ぶりっ子の人の特徴としては、女性だけの時にこのしぐさが見られることは少なく、好きな男性と安定した関係性を築けていると感じた時にほっぺを膨らませることが多くあります。

頬(ほっぺ)を膨らませるしぐさの意味は「不満や対抗」
デート中の彼女や知り合いの女性が「ほっぺを膨らませるしぐさ」をすることが有るかと思います。 この「頬(ほっぺ)を膨らませる」しぐさの意味は、「相手に対する不満や対抗」です。 つまり、良い感情というよりも悪い感情で...

 

首をかしげるしぐさをする

首をかしげるしぐさは、ぶりっ子の女性が好きな男性の前で「ついついやってしまいがち」な行動です。
この首をかしげる行為は、好きな男性に何かをプレゼントする時や挨拶をする時などにさりげなく行われることが多いです。

この首をかしげる行為は、まさにぶりっ子の代名詞と言って良いでしょう。

 

ぶりっ子の特徴としては、自分への評価が気になるので、行動やしぐさが大きくなるという特徴があります。
先ほどの「声が高くなる」「ほっぺを膨らませる」のように行動や態度が大きくなり、自分のアピールが強くなります。

他人との関係性は「自分を知ってもらうこと」が重要で、その後に自分への他人の評価が生まれますから、この「声が高くなる」「ほっぺを膨らませる」は首をかしげる行為と同様に、自分を知ってもらうことで、相手との関係を作っていく行動でもあるのです。

首をかしげる行為は、ぶりっ子の女性が好意的に思った男性に対して行なわれやすいので、このしぐさをしている女性を見たら「ぶりっ子」だと言えます。

男性の前で首をかしげるしぐさをする女性の心理は「好意や自分をかわいく見せたい」
男性の前で首をかしげる動作をする女性の心理は【あなたに好意がある】【ただのぶりっ子】のどちらかです。 よく見られるしぐさであり、女性特有であるため、男性からはよく理解できないことがあります。 この首をかしげるしぐさに...

 

スポンサーリンク

ぶりっ子は女性から見るとムカついても、男性から見るとそこまで悪くない

ぶりっ子は女性から見ると「うざい」と思われることが多いのですが、男性から見るとそこまで悪く思われないことがあります。

女性は細かいところに目が行きますから、すぐにぶりっ子だと気がつきます。

しかし、男性は女性の心境に対してやや鈍感なところもあり、気持ちの機微の変化に対して鈍いことがあります。
女性がやや大胆で大げさに表現してくれると、女性の気持ちがわかりやすいということもあるので、「ぶりっ子が悪い」とは言いきれないことがあることも事実です。

 

男女はお互いに性差があるだけでなく、同じ人間ではあるものの全く別の生物であるかのように考え方や物の見方が異なることがあります。
そう考えると、ぶりっ子のように分かりやすいしぐさをしてくれることは、男性が女性の気持ちを汲む際には大変助かっているということも見逃せない視点の1つだと言えます。

 

 

特徴
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント