人と関わるのが苦手な人の行動と対処方法・克服方法。苦手な心理には「他人への恐怖心」があります。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 特徴


 

「他人と関わることが苦手だ」「なんであの人は無口で表情を変えないのだろう」と私生活で考えてしまうことが有ると思います。

仕事場や学校を始めとして様々な場所で、自分を「人と関わることが苦手」と感じたり、他人を「あの人は人と関わることが苦手そうだ」と思うことがあるはずです。

 

そこで、今回は「人と関わることが苦手な人」の心理や行動、対処方法や克服などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

人と関わることが苦手な人の心理とは「他人への恐怖心」

人と関わることが苦手な人の心理には「他人への恐怖心」がやや強くあります。

他人とは自分とは違う存在であり、どのように物事を考えるか、何を考えているかを推し量ることができません。
また人と関わるのが苦手な人にとっては、相手と会話したり目を合わせることは、自分の全てをさらけ出すことであり、全てを見透かされているような恐怖心も生まれます。

 

こういった他者への恐怖心が根底にあると、自分を出すことや発言を躊躇したり、人とコミュニケーションをとること(目を合わせる・表情を出すなど)を避けるようになってしまいます。

これは自分がコントロール出来ないことに対しての恐怖心とも言え、誰でも持っている心理でもありますが、やや強く出てしまうことが原因の1つだと言えます。

 

スポンサーリンク

人と関わるのが苦手な人に見られる行動

コミュニケーションが下手で会話も続かない

コミュニケーションが下手で会話も続かない人は「人と関わるのが苦手な人」です。

例えば、このコミュニケーションが下手で会話も続かない人は、食事中に会話をしても返事が「うん」の一言で終わってしまって会話が途切れやすかったり、一緒にデートで食事をしても自分から話題を振ったり、自分の興味のあることを話したりしない人です。

 

コミュニケーションは人間関係の基本であり、お互いの意思疎通の根本です。
お互いに異なる人間性を理解して行く上で、重要なことが会話や表情を使ったコミュニケーションです。

会話や人と会うことが苦手な人は、人と深く理解し合うことやお互いの考えや意見を交流させることが少なく、他人から「人と関わるのが苦手な人」と見られてしまうことが多くなります。
相手もコミュニケーションが下手で会話も続かない人が何を考えているのか理解できないため、深く考えずにそのように判断してしまうのです。

これはその人に対しての情報が少ないために起こる現象とも言えます。

ですから、コミュニケーションが下手で会話も続かない人は「人と関わるのが苦手な人」と言えます。

 

もしコミュニケーションが下手で会話も続かない人が他人と仲良くなりたいときは、もっとコミュニケーションをとって、自分の気持ちを伝えたり、会話の中に自分の話や相手のことを聞くようにすると、こういったことは減って行くでしょう。

人は知らない物に恐怖心を抱くので、コミュニケーションを取ることは、他人にあなたへの安心感を抱かせることでもあります。
自分から沢山の情報を相手に与えて、またこちらも相手から沢山の情報を貰うようにしましょう。

このようにしてお互いの関係性が構築されていきます。

 

人と目を合わせない人

人と目を合わせない人は「人と関わるのが苦手な人」だと言えます。
みなさんもこれは「人と関わることが苦手そうな人だな」と感じるのではないでしょうか。

 

具体的にどんな人かと言うと、例えば、仕事の昼休みに一緒にランチに誘っても食事中はずっと俯いていたり、学校の帰り道で偶然会って一緒に帰っても目を合わせて会話してくれない人です。

 

では、なぜ目を合わせない人が「人と関わるのが苦手な人」なのかと言うと、目は人間が得る情報の80%と多くを占めているからであり、目を合わせることで相手の感情やこちらの気持ちが伝わりやすいということが関係しています。

目を合わせない人は、目を合わせないことでこちらから相手に気持ちや意思などの情報を送ることせず、また相手から情報を受け取るというプロセスを拒んでいます。

 

つまり、人間は目を通して情報を多く得ており、目を合わせることは「人と関わること」に大いに関係しているのです。

 

周りから見ると、このタイプの人は終始目を会わせずに会話をしたり一緒にいるので、

「相手が何を考えているのか分からない」
「私に誠実に向き合っていないのではないか」
「やましい気持ちを持っているのではないか」

と誤解や疑われることが多くなります。

 

先ほども述べたように、人の関係性の基本にはコミュニケーションがあります。
目を合わせて会話することは、他人とコミュニケーションを取ることですから、相手に「私は敵じゃないよ」「あなたと親しくなりたいですよ」と伝えることでもあります。

目を合わせない人は、この気持ちが相手に伝わりにくくなってしまうので、相手からは「人とコミュニケーションを取りたくない人なんだ」と思われてしまうのです。

 

 

自分の意見を言うことに罪悪感を覚えやすい傾向がある

自分の意見を言うことに罪悪感を覚えやすい傾向がある人も「人と関わるのが苦手な人」だと言えます。

自分の意見を言うことに罪悪感を覚えやすい傾向がある人とは、例えば、友人と一緒に遊びに行っている時に友人が間違ったことをしていてもそれを注意することを恐れてしまったり、仕事の会議で周りの意見に押されてしまい、自分が意見をすることを控えてしまうような人です。

こういった人は、やや「人と関わるのが苦手な人」である傾向があり、自己主張が弱い・他人からの評価や意見を過度に恐れている人が多いです。

 

 

コミュニケーションや人との交わりとは、意見のぶつけ合いであり、お互いの主張を理解することが必要です。
お互いにその主張を聞いて理解した上で、相手の意見に納得したり、相手の気持ちを思いやったりすることが大事になります。

しかし、このタイプの人は、意見を合致させる・穏便に済ませることに目的が向かってしまいますから、自分の意見を控えることで全体の合意や円滑に物事が進むように配慮をしてしまいます。

 

こういった姿勢は状況によっては必要であるため必ずしも悪くはありませんが、周りからは「人と関わるのが苦手な人」だと思われることがあります。

 

一人で黙々と行なう仕事をしてる

一人で黙々と行なう仕事をしてる人とは、例えば、街のカフェでノートパソコンを広げて作業をしている人や自宅や仕事場で他人とのコミュニケーションを必要としない職務(経理やエンジニアなど)に就いている人です。
主に、パソコンとにらめっこになる経理や開発などの仕事や1人で部屋にこもって行なう芸術や研究などの仕事が多いです。

 

こういった人は「人と関わるのが苦手な人」が多いと言うことができます。
あくまでも「多い・多い傾向がある」と言うことが正しいでしょう。

 

 

では、どうして一人で黙々と行なう仕事をしてる人は「人と関わるのが苦手な人」が多いのかと言えるのか、それは職業選びには個性が反映されやすいからです。

 

人と話すことが嫌いな人にとって営業や企画職は地獄のように感じてしまいます。
この仕事は、頻繁に取引先と会って商談を重ねることが仕事でもあるので毎日が苦痛になります。

そうすると職が続かないので、自分の個性に合った仕事を選ぶようになります。
経理やエンジニアなどは自分のスキルや能力が最も重要になるので、一人で黙々と行なう仕事をしてる人はこういった職業を選びやすくなります。

このようにそれぞれの個性は仕事内容に反映されやすいのです。

 

 

1人黙々と仕事ができる人は、他人と円滑に仕事を進めて行くのではなく、自分で考えて突き進めて行くことに向いていますから、この1人黙々と行なう作業が出来ます。
こういった人は経理や事務・エンジニアのように、相手がいることを前提としない職務に就くことができます。

 

人と関わることが好きな人やコミュニケーションが上手な人は、一人で黙々と行なう作業を避ける傾向があるとも言えるのです。
特にこれらの人は、仕事を選ぶ時には、営業や企画のように人と関わりある仕事を選ぶ傾向があります。

この人と関わることが苦でない人にとって1人黙々と行なう作業の方が苦痛に感じることがあります。

 

 

ですから、1人で黙々と仕事をする人を見ると潜入観から「人と関わることが苦手なのかな」と思ってしまうのです。
もちろんエンジニアや経理、研究者や芸術家にも人とコミュニケーションをとることが好きな人もいます。

しかし、それぞれの個性が仕事選びにも反映されやすいということがあるので、人と関わらない仕事を選んでいる人には「人と関わることが苦手な人」が多いというのも事実だと言えます。

 

無口で無愛想で自己主張をしない

無口で無愛想で自己主張をしない人は、「人と関わるのが苦手な人」が多くいます。
例えば、2人で食事をするときも自分の話をすることよりも相手の話を聞くことが多かったり、面白いことを言っても表情をあまり変えないという人が当てはまります。

 

この無口で無愛想で自己主張をしない人は、コミュニケーションの原則である意思疎通が難しいため「人と関わるのが苦手な人」と思われたり、実際にそういった方が多いと言えます。

コミュニケーションは意思疎通をするために目を合わせたり、言葉を交わしたり、表情を出すことが必要です。
無口で無愛想で自己主張をしない人は、何を考えているか・こちらが投げかけた言葉や話題にどのような反応をしているのかについて、理解しにくいためコミュニケーションが成り立たないことが多いのです。

 

休みの日もずっとうちにいる

休みの日もずっとうちにいる人とは、例えば、天気が良く気温も良い外出日和でも自宅でずっとゴロゴロと過ごしている人や体調が良く健康であるにもかかわらず友人の遊びの誘いを毎週断っている人などが当たります。

休みの日もずっとうちにいる人は、「人と関わるのが苦手な人」が多いと言えます。

 

休日は周りも休みになるため、どこも人が多くなり、歩くだけで注意を払う必要があります。
休みの日もずっとうちにいる人は、そういった人混みに対して神経が疲れるタイプですから、休日は自宅で寝ていたり外に行くことを避ける人が多いのです。

心理的に「休みの日もずっとうちにいる」という行動となって表れていますから、その人にとってはそれが本心(人と関わると疲れる)だと言えます。
そういう意味で「休みの日もずっとうちにいる人」は他人と関わることが苦手な人だと言えます。

 

 

スポンサーリンク

人と関わるのが苦手な人の対処方法

もし身の回りに「人と関わるのが苦手な人」がいた場合の対処方法です。

できる限りメールやSNSなどでコミュニケーションをとる

「人と関わるのが苦手な人」は面と向き合ったコミュニケーションが苦手な人が多いです。
出来るかぎりメールやsnsのような対人型ではないコミュニケーションをすることは、相手の心理的な負担を減らすので最適だと言えます。

対面をすると表情や言葉・しぐさ・姿勢など神経を多く使いますから、出来るだけ機械的な情報交換手段を使うと良いでしょう。

 

相手に変化することを要求しない

「人と関わるのが苦手な人」は自分の意思や気持ちを伝えることが苦手な方も多いため、問いつめたり詰問することは避けましょう。
特に相手に対してコミュニケーション能力を求めたりするよりも、コミュニケーションが不要な職場に配置したり、こちらが変化して対応することが良いと言えます。

 

しっかりとお礼を言う

人と関わるのが苦手な人には、心理的に仲良くなるまでの障壁が高い人がいます。
こういった人には、時間をかけて律儀に対応するとコミュニケーションやお互いの関係性も良くなるでしょう。

特に相手が好意で何かしてくれた時にはしっかりとお礼を言いましょう。
「人と関わるのが苦手な人」は、コミュニケーションが苦手なので、相手の気持ちを想像しにくいことがあります。

お礼のようにハッキリとした意思を伝えることは効果的です。

 

スポンサーリンク

人と関わるのが苦手な人の克服方法

自分が「人と関わるのが苦手な人」の場合の克服方法です。

自分の完璧さを求めないこと

自分の完璧さを求めてしまうと、他人と関わることが苦手な人になってしまいます。
自分が自然に思ったことや感じたことを大切にして、それを伝えることに意識を使うようにすると、自然に言葉や表情が出てきます。

自分を想像した形に作っていくのではなく、自分を出していくことに意識を持ちましょう。
その「出して積み重ねていった自分」が、自分になるのです。

 

相手が何を考えているかを深く気にしない

「人と関わるのが苦手な人」は、相手が何を考えているのか深く考えすぎる傾向があります。
「相手が傷つかないか・相手に失礼じゃないか」といった過度な遠慮が自己主張を抑えてしまいます。

もちろん言ってはいけないこともありますが、相手を軸とするのではなくこちらを軸として意見や気持を伝えることを大事にするとコミュニケーションがとりやすくなります。
コミュニケーションをしても他人の気持ちを理解できる人は少ないので、コミュニケーションを過度に考えずに、簡単なものと考えると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

克服する必要があるか

もし人と関わることが苦手でも、それが個性であり、克服することに大きなストレスを感じるならば無理をする必要は無いと言えます。

自分の特性を再度見つめることで、それを活かす形で利用することの方が本人にとってもストレスにならずに過ごせるはずです。

人と会話が苦手なら仕事で言えば、主に1人で作業をする仕事を選んだり、休日も読書やドライブのように1人で居られる趣味を作れば良いのです。

人と関わることが苦手な人は、自分に対する守りが強いので、克服をしたくない場合はむしろ自分らしくいる方が良いと言えるでしょう。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

特徴
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント