口下手な人の共通点と仲良くなる方法。会話のペースを合わせてあげたり、話す必要がない場所がおすすめです。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 特徴


 

 

口下手な人がみなさんの周りにいると思います。
そこで今回は口下手な人の特徴や仲良くなる方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

口下手な人の共通点

人見知り

口下手な人はお世辞や上手な嘘がつけないのです。 なので、相手を傷つけずに自分の思うことを言おうとすると言葉を選びながら話すので時間がかかってしまいます。 そういった態度は、相手にとってはもどかしく会話が続かない人と思われ話すことをやめてしまいます。 このような経験が積み重なるうちに、会話自体を避けるようになりそれは人と話さないような行動につながってしまいます。 けれども、その嘘のつけない優しい性格だと分かってくれる人に対しては心を開いて話せるので、傍から見ると人見知りをしているように思われてしまいます。

相手のことを思いやりすぎてうまく言葉にできない

話すのがあまり得意でないという人は、言葉というものを重んじる傾向にある。自分の言葉が相手に与える影響や、相手がどのような気持ちになるのかを真剣に考えるあまり、なかなか口を開くことができないという人も多いのではないのだろうか。自分が口下手であるという自覚もあり、上手に話せないというフラストレーションを抱えているが故にうまく言葉にできないという状況もしばしば見られる。相手を思うがあまりに、適切な言葉を探すのに時間がかかっているように感じられる。

 

話すときに必ず頭に、「あの」という言葉を付ける

口下手な人は会話の先に「あの」という言葉を付けることがあります。
この「あの」という言葉は会話を始める糸口であり、会話をスムーズに始めるために付ける言葉です。
口下手な人は言葉で伝えることが苦手な傾向にあるので、会話も「あの」という言葉を使ってキッカケを掴もうとします。

 

話が詰まる

口下手な人は会話をするときに相手の反応を見てしまうため、言っていいことなのか否かを迷いながら話す傾向があります。 そして、相手に不快な思いをさせたくないという気持ちから余計なことを話さないため、キャッチボールができない会話になってしまいます。 また、話したいことを頭の中で整理せずに口にしてしまうため、自分でもなにを話しているか分からなくなったり支離滅裂な流れになってしまいます。 なので、口下手な人とは話が詰まりやすいと感じる人が多くなるのです。

物事を頭の中で整理して組み立てて言葉にするのが苦手な人

口下手な人は頭の中で言葉を整理して伝えることが苦手な人が多くいます。
何と言えば相手に伝わりやすいのか、何と表現すれば良いのかと考えてしまうため、そのまま表現するのではなく頭の中で変換して伝えようとしてしまいます。

本来であればそのまま伝えれば良いのですが、言葉で表現することが苦手ので口下手に見えてしまいます。
この場合、本人の頭の中では映像としてイメージされていることはありますが、それを伝えにくいという状態です。
口下手であってもそれは何も考えていないというわけではなく、表現力不足と言えます。

 

スポンサーリンク

仲良くなる方法

 

口下手な人に会話のペースを合わせる

口下手な人と仲良くなるには、会話のテンポやペースを合わせるという方法があります。

人には「類似性の法則」という心理があり、これは自分と似ている相手に親近感を抱きやすいというものです。
口下手な人は、会話が少なくなることも多いので、仲良くなりたい時にはこちらが沢山話しかけるというよりも、同じテンポや雰囲気を持ってあげると、相手にとって心地良いと感じられるでしょう。

会話以外の方法で仲良くなる

口下手な人は、会話が得意ではないため仲良くなるには会話以外のキッカケも必要です。

例えば、一緒にいる時も食事ではなくアミューズメントパークなどで体を動かすようにしたり、会話が少なくて済む映画などに行くと相手の負担は少なくなるでしょう。

特に相手が口下手なことを気にしている場合は、このようにどこへ出かけて何をするかについても考えるといいはずです。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

特徴
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント