「YESの法則(一貫性の法則)」とは、一貫的な行動をしたいという人の心理を利用した説得や誘導テクニックです。

スポンサーリンク

 

「ビジネスで人を説得したい」「恋愛でデートに誘いたい」と思うことがあるはずです。
そんな時には「YESの法則」を利用されるとおすすめです。

 

YESの法則(一貫性の法則)とは、人が一貫性のある行動を保ちたいという心理を巧みに利用した心理テクニックです。

このテクニックを使うと、相手は「YES」と肯定的な返事をしやすくなりますから、何かに誘う時やビジネスでの交渉で便利に使うことができます。

 

 

このYESの法則(一貫性の法則)とは、相手に「YES」と答えて肯定しやすい内容で会話を進めて行くことが特徴です。
このYESと答えて肯定しやすい会話を繰り返すことで、相手に話の内容の多くを肯定させて、最後に自分が話したい本題についても肯定的な回答を導きだそうというものです。

そうすることで、相手は今までの話の流れから肯定的な答えをしてしまうというものです。

 

例えば、話の内容で相手の肯定できる話題を多く提供します。
自分「◯◯さんは、よく映画を見られるんですか?」
相手「はい、よく見ますよ。ホラー映画が好きで呪怨にハマっています」
自分「そうなんですか、私も毎日呪怨を見てますよ。日本のホラーは面白いですよね。」
相手「そうなんですよ、洋画と違ってゾンビが出てこないし、あの雰囲気で不気味さを伝えるところが日本のホラーの良さなんですよね。」
自分「全面に出てこないところがまた恐怖心を煽るんですよね。敏雄くんもいい味を出してますしね!」
相手「そうそう!あの子がいるかいないかで、あの作品の評価は大きく変わっていたと思うわ。私もあの子の存在感が不気味ですごく怖かった!」
自分「そういえば新しいホラー映画が出たんですが、良かったら行きませんか?」
相手「そうですね、来週の週末行きましょう。」

と、ここまでうまくいくかわかりませんが、このように相手に肯定させる返事を繰り返させることで話を進めて行きます。
こうすることで、肯定する返事が繰り返されるので、その一貫性を保とうとして、肯定的な返事をしやすくなるのです。

 

 

では、なぜYESの法則が成り立つのかというと、人には一貫性を保ちたいという心理があるからです。

人の心理としては、自らの行動や意思を一貫して保ちたいという心理が働きます。
YESの法則が成り立つ理由も、この一貫性を保ちたいという気持ちが働くため、相手の言葉に対して、肯定的な返事をしやすくなるのです。

 

特に肯定的な返上を繰り返していると、相手としぐさが同調するということもあります。
これはラポールテクニックや同調効果、ミラーリングなどと呼ばれますが、しぐさである身体言語が似ていることで相手に親近感や安心感を得やすいということも関係しています。

相手が同じように頷きながら肯定して話し、自分も頷きながら肯定して返事をしていると、同調が生まれて相手の話や質問を断りにくくなるのです。

 

 

YESの法則は、このように相手を説得する時やビジネスの価格交渉やデートに誘う時に利用できます。
人の一貫性を利用した心理テクニックなので、出来るだけ上手く役立てるようにしましょう。

 

 

コメント