松竹梅の法則:恋愛のデートで食事代を抑えたい時は相手に「3つの選択肢」を与えると安くできます。

スポンサーリンク

 

松竹梅の法則とは、「3つの価格帯の物から選ぶ時には、人は真ん中の選択肢を取りやすい」というものです。
若い人は知らないことがあるでしょうが、松が最も高級で、竹が中程、梅が最も安価なものだと思われると分かりやすいでしょう。

 

例えば、お客さんが定食屋さんに入ったとしましょう。

その時に「松定食 3,000円」「竹定食 2,000円」「梅定食1,000円」とあった場合、お客さんはこの真ん中の竹定食を選んでしまうことが多いのです。

 

この時のお客さんの心理としては、「松では高すぎるし、梅では安すぎる」という心理になり、真ん中の「竹」であれば良いだろうと選んでしまうのです。

 

 

みなさんも「安すぎると周りの目や評判が気になる」「だからといって高価すぎる必要もない」と思うため、この真ん中の「竹」を選んでしまうのですね。

 

 

これを恋愛で応用すると、食事代を安くしたいときに利用できます。
お店に入った時に「この中でどれにしようか?」と3つ程候補を選んであげましょう。
その時に「わざと高価なメニューを外す」のです。

 

例えば、3万円・2万円・1万5,000円・1万円・8,000円・5,000円のメニューがあれば、「3万円・2万円」を外して、「1万5,000円・1万円・8,000円・5,000円」の中から選ばせるのです。

 

こうすると「1万5,000円・1万円・8,000円・5,000円」の真ん中にある1万円や8,000円のコースを選びやすくなります。

 

少しデートではセコい方法ですが、選択肢を絞ってあげることで、相手が選ぶものが大きく変わると言うことです。

 

 

またこれはビジネスでも応用できます。
お店の売上を上げたいと思ったお店は、メニューは2種類ではなく3種類作り、価格も3段階に設定します。

 

そして、3段階のうち「真ん中のメニュー」で利益が最大に出るようにしておくことです。
松竹梅の理論では「真ん中の価格帯」のメニューが選ばれますから、この真ん中のメニューが最も原価を抑えた利益率の高い商品にしておくのです。

こうすることで最も注文が多い商品が、最も利益率が高くなるのでお店の経営は随分と楽になります。

 

 

 

 

コメント