マッチングリスク効果とは、お客さんが商品を購入する時に抱く将来の不確実な不安を取り除いて上げるテクニックです。

スポンサーリンク

 

マッチングリスク効果とは、商品の購入後に「これが自分に合わなかったらどうしよう」と不安に思ってしまう心理があり、これを緩和してあげるテクニックのことです。

 

 

みなさんも洋服の通販サイトで購入するときに「この洋服は私の体のサイズに合うのかな?」と不安に思いますよね。

また商品の価格が高くなるほど、消費者も「高い物だけと買った後に損をしないかな?」と購入するかどうかに強い迷いが出てしまいます。

これらはマッチングリスクの心理で、将来の不確かな予測について不安を感じるのです。
このように値段が高いものや効果が保証できないものに対して、マッチングリスクの心理は強く働く傾向にあります。

 

 

こういった心理を緩和するテクニックがマッチングリスク効果です。
このマッチングリスク効果では、消費者の未来に対する不安を取り除いてあげることで、消費を促進して上げることができます。

 

 

では、このマッチングリスク効果はどこで使われているのかと言えば、「返金保証や返品可能」「無料サンプル」といったようにあらゆる場所で使われているテクニックです。

 

「返金保証や返品可能」は、購入した後も「気に入らなかったら返品できる」「お金を返してもらえる」という心理が働きます。

また「無料サンプル」も、「まず無料で使うことができる」「一度使ってみて自分に合ったら買えば良い」という心理が働きます。

 

これらはマッチングリスクを意識して実際に利用されているマーケティング方法です。

 

 

マッチングリスク効果は、消費者の将来の不安をいかに取り除いてあげるかが重要です。
お客さんそれぞれに個々の不安がありますから、この不安を取り除いて上げることで、お客さんは商品を買わない理由が無くなります。

 

 

コメント