ランスの法則とは「上手くいっている恋愛はそのままにすること」

 

「ランスの法則」とは「物事が上手くいっている時には余計な手を加える必要がない」というものです。

元はアメリカの経済政策で使われることでしたが、恋愛から商売でも応用出来る法則です。

 

この法則では「上手くいっていることには手を出してはいけない」ということで、逆に「手を加えてしまうことで失敗してしまう、ダメになってしまう」ということも言えます。

 

例えば、恋愛で言うと、長年交際しているカップルが最近刺激が少なくなって来たからといって突然ドッキリや相手を驚かすことをしてみたりしてもダメです。
長年落ち着いて過ごせる理由が2人にあるにも関わらず、それを壊してしまう可能生があるからです。

また好きな人の気をさらに惹こうとして、ファッションやメイクを大きく変える好意も同じです。
男女とも好みがあるので、それを壊してしまう可能生があります。

 

 

商売で見ても同じで、繁盛しているお店がさらにお客さんを取り込もうと、普段のメニューにアレンジをしてしまう例です。
この場合、普段の料理の味を楽しみにしているお客さんにとっては、全く好きでもないメニューになってしまい、結果的に顧客離れに繋がってしまいます。

 

最近では「◯◯家具」というお店がこの法則の例に当たる可能生があります。

元は高級層を相手にした商売でしたが、格安家具店のように顧客層を変えるような経営をしました。
その結果、数年後には経営が芳しいものではなくなってきています。

 

このようにランスの法則は「上手くいっているものはイジラナイ」ということが原則です。

恋愛関係や人間関係でも応用することができる法則です。

 

 

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント