異性と4秒以上お互いに見つめ合っていると、性的興奮や緊張感が生まれやすい

スポンサーリンク

 

異性と4秒以上見つめ合っていると、性的興奮や緊張感が生まれやすいという心理があります。

 

こちらにも面白い実験結果があり、4分間見つめると恋に落ちるというものです。

https://rocketnews24.com/2015/03/04/551363/

 

 

ですから、好きな異性と仲が良い場合は一度見つめ合ってみると良いでしょう。
さらに仲が深まることになるはずです。

 

一方、じっと見つめた時に目を逸らされてしまう相手からはあまり相性が良くないかもしれません。
特に左右に目を逸らされたり、そっぽを向かれたような印象であれば尚更です。

 

 

では、「なぜ4秒以上見つめるのか」には2パターンあります。

 

1つは「好きな異性であること」

人が最も情報収集できる体の器官は目による視覚情報です。
男性も女性も「情報が欲しい」時には目で取りにいくことが多いのです。

そこで好きな異性がいると「目」でその人を見つめてしまうのです。
4秒以上異性があなたのことを見つめていたら、それは夢中になって見ているといえます。

 

2つは「拍子抜けを起こした」

会話の中で内容上手く伝わらずにポカんとした時に唖然とすることがあります。
時間が止まったかのようになってしまいますが、これは4秒以上見つめ合っていても好意でも嫌悪でもありません。

 

3つは「嫌いな異性で、敵対心を抱いていること」

全て「4秒以上見つめているから好意がある」というわけではありません。
人は嫌いな相手に対してじっと見つめることができます。

正確にいうと「睨みつける」といったように顔には険しさが出たり、表情には敵意がにじみ出ています。

この場合は嫌われていることも考えられますので、覚えておきましょう。

 

コメント