表情に対して目が笑っていない場合は「愛想笑い」の可能生が高い。

 

誰でも「あれは愛想笑いかな」と思うことがあるでしょう。
例えば、口元では口角を上げて笑っているように見せても、目は笑っていないという方が居ると思います。

 

実際に「目が笑っていない」場合は愛想笑いをしている可能生が高いです。

もっと言うと「人は笑う時には「口」⇒「目」の順番で筋肉が緩む」ので、目と口が同時に笑う場合は愛想笑いだと言えます。

 

また作り笑いをしていると、目が笑っていないという状態になります。
これはみな笑うとなると口元を意識して、口角を上げますが、目まで意識をしないからだと言えます。

 

つまり、口元は口角が上がっていても、目が笑っていない場合も愛想笑いだと言えるのです。

 

 

本当に面白い時には呼吸が乱れて、体が大きく揺れます。
そして、涙が出たり、咳をしたりと反応が出るのです。

この状態であれば、まず愛想笑いではなく本当にツボに入って笑っている状態だと言えるでしょう。

 

嫌いな相手に対してやってしまう行動

https://tsukineko.info/hosoku/1745/

 

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント