ルールズの法則を使って、女性は気になる男性から好かれるように振る舞おう

スポンサーリンク

 

「ルールズの法則」とは、「女性が男性を追いかけるのではなく、男性に追いかけるように仕向ける」というものです。

もともとはアメリカの理想の男性と結婚するための本で紹介された内容です。
現在でも中古本としてネット通販で販売されていますので、興味が有る方は購入されるといいでしょう。

 

このルールズの法則では、「女性は男性のかつての狩猟本能を刺激するようなを行動を行い、女性の価値を高く見せる」という点が特徴的です。

たとえば、「彼とのデートは週2回まで」「女性から電話しない」「リードは彼にさせる」といったように、男性がその女性を欲したくなる心理と女性を安売りしないようなルールがいくつか詰め込まれています。

 

このルールズの法則は、女性が男性を射止めたい時に使えます。

女性が射止めたいと思った男性がいたときは、自分が相手にのめり込むのではなく、相手の男性に自分にのめり込むようにさせるということです。

 

 

例えば、彼とのデートは2回までにするとあるように、デートの回数を制限することで男性の狩猟本能を刺激することが出来ます。
男性が欲しくなるものとは、目の前にあって手に入りそうで入らないもので、この心理を上手く使っています。

このデートは2回までという制限があると、男性はどこか心がもどかしくなるのです。
そして、その女性を追いかけたくなるというわけです。
完全にデートをしないというわけではなく、回数を制限しているので男性から嫌われるわけでもありません。

このルールズの一部の法則は当たっていると言えます。

 

 

もちろん全ての法則が単純に当てはまるというものでは有りませんが、この法則には男性の心を刺激するようなルールが複数掲載されています。

興味があれば読んでみるのも良いのですが、ややフェミニズム気味なものもあるので、実際に男性に行なってみても好かれないこともあるはずです。

 

 

コメント