ザイアンツの法則:夫婦の顔は時間が経つと表情が似てくるので老夫婦は顔が似ている


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 法則/心理学


 

ザイアンツの法則とは、「長く一緒に過ごして来た夫婦は顔の表情が似てくる」というものです。
アメリカの心理学者である「ロバートザイアンツ」が提唱したものです。

 

これは長く一緒にいた夫婦を観察した結果、時間が経過するに従って夫婦お互いの表情が似通ってきたという結果から名付けられました。

この似通ってくるものは「顔の表情」であり、趣味や好み、性格には大きく似通ってくるということはないようです。

 

つまり、長い年月一緒に過ごすことで、お互いの気持ちが一緒になって過ごしていく時間が増えて行きます。
そうなると顔の表情が少しずつ似てくるのです。

 

この法則から分かることは、仲の良い夫婦は時間が作るというのも1つの理由かもしれません。

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント