口元を固く閉ざすしぐさの意味

スポンサーリンク

 

口元をギュッと閉ざしてしまった友人や恋人の心理についてです。

 

 

口元を固く閉ざすしぐさの意味は「拒絶や不機嫌」などマイナスの意味を持つしぐさです。
特に相手に対して不満を持った時に多いしぐさです。

 

 

なぜ口元を閉ざすのかと言えば、口は無意識に心の心理を表すからです。
恐怖や怒りなどの感情を持つと、口元の筋肉はこわばります。

一方、嬉しいことや楽しいこと、快適でいると口元の筋肉が緩んで口が開く傾向があります。
笑う時には皆口を開けて笑うように、口元は心理と大きく関係しています。

 

そして、今回の口元を固く閉ざす場合として「不機嫌・怒り・拒絶」などが挙げられます。

 

例えば、デートをしている男女がおり、会話も順調で食事を楽しくとっています。
そして、男性が迂闊にも余計な一言を言ってしまいます。

その後に女性は不機嫌な顔をして、口元をギュッとチャックで閉めたように閉ざしてしまいます。
そしてその後は会話もそっけなくなってしまったというケースです。

 

 

これは女性が余計な一言を言われて機嫌を損ね「怒りや不満」の感情を持ったため、口元をギュッと閉ざしてしまったといえます。
本当は不満があるけどギュッとこらえている状態です。

つまり、もう話したくないと機嫌を損ねたのでデートは途中で失敗と言えます。

 

 

こういった場合は、まず何らかの地雷を踏んだと思った方が良いでしょう。
そして、何が相手の心に引っかかってしまったかを考えて、それを今後は気をつけるようにするといいはずです。

言った直後に大きな変化があるでしょうから、相手の口元をよく観察しておきましょう。

 

 

 

コメント