首を触るしぐさの意味は異性関係では「相手への興味や関心を持っている」または「心理的な緊張状態」

スポンサーリンク

 

異性の前で首を触るしぐさの意味は異性関係であれば「相手に興味がある」「関心を持っている」という状態です。
または2つ目としては、不安やストレスを感じている「緊張状態」であり、それを柔らげるという心理です。

このどちらかはその時に他のしぐさも見て、総合的に判断しないといけません。

 

まず1つ目の異性関係では、相手に対して興味や関心があると、自然と首を触ってしまう傾向にあります。
髪の毛が首にかかっていないのに、髪の毛を後ろにかけるようなしぐさをしたり、首筋を強調するようなしぐさをします。
特に女性は好きな人や興味のある男性の前で、このしぐさをやってしまう人が多くいます。
首を触る以外にも首をかしげるしぐさも同じように、好意的な男性の前でやってしまうことです。

 

またはもう1つ意味があり、不安やストレスがあると、この首を触るということがあります。
特に何もついていないのに首を触ってしまう状態では、この不安やストレスを慰めようとしているしぐさです。

これは寒い時や恐怖を感じた時に体に巻き付けるような腕組みをしてしまうのと同じ状態です。
自分の感じている不安やストレスを自分の体を触って和らげようとする行動なのです。

 

では、なぜ首を触ってしまうのかと言えば、「首には大きな血管があり、人体の中では命に関わる急所」だからです。
まず1つ目の異性関係では、この「自分の弱点である首を晒せる」ということは「相手を信頼している」という状態です。

人は危険や不安を感じている状態では体を縮めたり、体育座りをして小さくしたりするように、肩をすくめたりして首も隠すようにするのです。

 

しかし、好きな異性の前ではこの首を触るしぐさをすることで、「あなたのことを脅威に感じていません」ということをアピールするのです。
人間は敵や危険な存在の前で、自分の弱点を晒すことはありませんから、それをアピールするための非言語のコミュニケーションでもあるのです。

 

同じように、女性は「首をかしげる」というしぐさをすることがありますが、あれも男性に首すじをアピールしています。
つまり、首は大事な血管が通っている急所であるため「それを見せることができますよ」つまり、「信頼していますよ」ということを相手に知らせるコミュニケーションということです。

 

 

もう1つは、首を触ることで心理的な緊張を和らげる目的です。
上記で紹介したように、体をさするような低い位置での腕組みや不安や恐怖を感じた時に体育座りのように体を腕で囲むしぐさがあります。

この首を触るしぐさもこの1つで、不安やストレスを自分の体を自分で触ることで和らげる目的でしている可能生があります。

 

 

 

 

コメント