アンカリング効果とは「人は最初の情報に目がいってしまうというもの」。商品を売りたい時に使える心理テクニックです。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 法則/心理学


 

アンカリング効果とは、最初に見た数字が印象に残り、その後の判断に影響を与えてしまう心理のことです。

 

このアンカリング効果では、人が最初に見た数字に
例えば、みなさんも見たことがあるでしょうが、スーパーやネット通販などでは、以下の画像のように利用されていると思います。

アンカリング効果

コレを見ると、最初の値段が「10,000円」であり、それが「5,000円」に値下げされたと思うでしょう。
そのため、最初から5,000円の商品よりも「お得感」が強くなり、消費者はその商品を欲しくなるのです。

 

では、こちらはどうでしょう。

アンカリング効果

こちらも同じ5,000円ですが、1つ上の画像よりは「お得感」が感じにくいと思います。
これは最初の「10,000円」の部分が無いため、5,000円の商品が5,000円のままだと感じてしまうからです。

 

 

なぜ、アンカリング効果は有効になるのでしょうか。

それは人が何かを判断するときに「比較対象」があるほうが判断しやすいからです。
みなさんも例えば、カメラを買う時にお店の人からAというカメラを紹介されたとします。
そこで「画質」「重さ」「データの容量」などを紹介されても、それがどのくらい優れている物なのか判断が付かないと思います。

そこでBというカメラを用意して上記の項目を比較してあげると、「どちらが画質が良いのか」「どちらが重たいのか」「どちらが沢山の写真を撮れるのか」もっと考えやすくなると思います。
この人の心理を上手く利用した方法がこのアンカリング効果です。

 

 

この効果は街の至る所で利用されており、スーパーやデパート、コンビニやネット通販、セールなど経済に関係するところでは多く見受けられます。

これはどのように利用できるのかというと、ビジネスでの利用が多くなります。
商品を売りたい時、在庫を処分したい時には「値下げ前の価格を打ち消しで表示する」という方法です。
値下げ後の値段だけでは、消費者にお得感が伝わりませんから、わざと値下げ前の値段もわかるようにすることで、お得感を出してお客さんの購買意欲を上げるわけです。

こうすることで本来は魅力が乏しい商品であっても、値下げのお得感でお客さんが商品を買ってくれることもあるはずです。

 

 

 

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント