損失回避の原理とは「人は得をした時のことよりも、損をした時の方が失望感が強い」というものです。

スポンサーリンク

 

損失回避の原理とは、「人は得をした時の幸福よりも、損した時の喪失感のほうが強い」という法則です。

 

この損失回避の原理では、人が新しく1万円の洋服を買った時の幸福が1だとすると、1万円の洋服を失った時の損失感は約2万円になります。
この喪失感は幸福の約2倍ほど大きく、人は何かを得る時よりも失う時のことを恐れる傾向にあります。

 

 

この損失回避の法則がよく利用されているのは、ビジネスや商売の分野です。
ビジネスや商売で、この商品を買うと「1万円分得します」というよりもこの商品を買わなければ「1万円分損します」と伝えたほうが、有効です。

 

これはお客さんの心に「損」してしまった時に失うものが、「得した」ときよりも大きく心に感じられるからですね。
実際の価値は同じでも、人は損をしてしまうと思ったときの言葉のほうが、心に残る傾向があります。

 

この損失回避の原理の使い方は、「相手に損をする」ということを、「何かを得られること」よりも重視することです。
例えば、「この教科書をしっかりと読めば大学に受かるよ」というよりも「この教科書をしっかりと読まないと、どの大学にも受からないよ」と言ったほうが損失回避の原理が強く働きます。

またビジネスなどの分野でも、「この商品があれば火災の時に助かります」と言うよりも「この商品が無いと、火災が燃え広がってしまいます」と言ったほうが、人は強くその商品が欲しくなります。

 

このように相手にいかに損失を意識させるかがこの損失回避の原理を活かすポイントになります。

 

 

コメント