今すぐ効果とは「将来の大きな利益よりも、直近の小さな利益に目が行ってしまう」心理のことです。

 

「今すぐ効果」とは、遠い将来の大きな利益よりも目の前の小さな利益を選んでしまうという心理を利用したものです。

身近な例では、エコカー減税や消費税の還元セールなどがこの効果を利用したものだと言えます。

 

 

なぜ、遠い未来の大きな利益よりも目先の小さな利益を選ぶ傾向があるのでしょうか。
1つに人の命には不確実性があるからではないか、と考えられます。

これは人の命は今日明日は生きていても、1ヶ月後や1年後は生きているかどうかわからないからです。
ですから、自分の命を維持していくためにも、目先目先の利益を追求していく必要があるのではないかと考えられるのです。
遠い将来は生きているか分からない、ですから目の前の確実に得られる利益は取っておこうという心理が働くのではないかと思います。

 

 

例えば、これはビジネスの場所でも使われています。
お客さんに売りたいものがある時に「今買われた方は10%OFFです」と言うことで、「今買った方が得ですよ」ということを伝えるのです。

そうすると、そのお客さんはその商品を買いたくなるのです。
商品は時間が経つと値段が下がる傾向にありますから、2年もすれば30~40%OFFになる可能生があります。

それでも「今なら10%OFF」という目先の利益を人は追いやすく選びやすくなるのです。

 

 

この効果はその通りであり、私達も自動販売機で安いけど2分間待たないといけない自動販売機とすぐに出てくる自動販売機があれば、お金を入れたらすぐに出てくるほうを選ぶと思います。

 

 

この効果を利用するならば、「お客さんや人に今すぐどうのような効果があるのか」ということを伝えると良いでしょう。
間違っても「1年後はお金が12倍に増えます」と言うよりも「1ヶ月後にお金が2倍に増えます」といったように、短期的にどれくらいの効果があるのかということを伝えると相手は心が動きやすくなるでしょう。

 

 

 

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント