フットインザドアテクニックとは「簡単なお願いごとをした後に大きなお願いをすると聞き入れやすい」という心理です。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 法則/心理学


 

「フット イン ザ ドアテクニック」とは、まず小さなお願いをして、それが了承されたら次に本当にしたい大きなお願いをすると了承されやすいという心理を利用したテクニックです。
別名では「段階的要請法」とも呼ばれています。

 

 

まず、相手に小さなお願いごとをして、了承してもらいます。
そして、その後に自分が本当にお願いしたい大きなお願いごとを伝えるのです。
こうすると、慣性の原理が働き、了承されやすくなります。
これが「フット イン ザ ドアテクニック」です。

 

例えば、お金を1万円借りたい時に「お金を3,000円貸して欲しい」とお願いします。
そこで相手が了承してくれたら、「申し訳ないけど、あと7,000円だけ追加で貸して欲しい」とお願いするのです。

最初に1万円貸して欲しいというとお願いが断られることがありますが、これをまずは「3,000円」という小さな金額に抑え、相手がお金を貸してくれたら「7,000円」借りるお願いをすることで、1万円という大金が借りやすくなるのです。

 

 

では、なぜ人は小さな要請を了承した後に大きな要請を聞いてしまうのかというと、それまでに続けてきたことを途中で止めにくいという心理が働くからです。
これは「慣性」を利用したもので、人は変化を嫌がるという心理があります。

 

一度、小さなお願いを了承すると、それに反する行動を取りにくくなります。
人には「自分の行動に一貫性を保ちたい」という心理があり、小さなお願いごとを了承した後に、大きなお願いごとをされても、それを了承しやすくなるのです。

これは他にも「YESの法則」のように同じ心理を利用した法則があります。

 

 

この「フット イン ザ ドアテクニック」はビジネスや恋愛で多く使われています。
ビジネスの価格交渉でも最初に「500円割引してくませんか?」とお願いします。
ここで了承してくれたら「では、他にこの商品も追加で購入するから、1,000円割引してくれませんか?」と言います。

最初から追加で購入するつもりがあっても、このように適当に理由を付けてさらに割引を求めることで相手も了承しやすくなるのです。

 

 

恋愛でも同じようにデートが目的の時に「少し時間があるからドライブでも行こう」と誘います。
相手が了承してくれたら、その後に「せっかくここまで来たから食事して帰ろうか」と要求をします。
こうすることで、最初はドライブでしたが、結果的にはデートとして成立するようになります。

 

 

このように「フット イン ザ ドアテクニック」は日常生活の多くの場所で利用できますから、是非覚えておきましょう。

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント