ランチョンテクニックとは「食事をしている気分の良い時には、お願いごとに寛容になる傾向がある」心理です。

スポンサーリンク

 

ランチョンテクニックとは、人は食事をしている時には、お願いごとに寛容になりやすいという心理を利用したものです。
このテクニックを使うと、恋愛でもお願いごとを了承してくれやすくなったり、仕事であれば商談を上手く成立させることにも役立ちます。

 

なぜ人は食事中に寛容になりやすいのかというと脳内からドーパミンという物質が放出され、気持ちが良くなるからです。
このドーパミンが出ると人は幸せや幸福感を感じやすくなり、普段は断るようなお願いごとにも寛容になります。
飲食中はこの幸福感や良い気分を壊して欲しくないと感じますので、お願いごとをしてもそれを了承してくれやすくなるのです。

 

このランチョンテクニックは心理学者のグレゴリーラズランが提唱したものです。
心理学者のグレゴリー・ラズランは、このテクニックついて

  1. 食事中の時間は対立を避けるために寛容になりやすい
  2. 飲食を共にした相手とは仲が良くなりやすい
  3. 食事中に聞いた話は信じやすい

とまとめています。

 

このランチョンテクニックは、身近な例でも「食事デート」「取引先との接待」と言ったように「飲食を通じた付き合い」で多く利用されています。
これは人が飲食をすると気分が良くなり、お互いの交友関係が進展しやすくなることが大きく関係しているんですね。
昔から「同じ釜の飯を食う」といったように、食事を共にすることは人間関係を深める上でも重要な機会でもあり、ランチョンテクニックは昔から私達が当然のように使っているテクニックでもあるのです。

 

 

ですから、もしお願いごとをしたい相手がいるときは「飲食」に誘うようにしましょう。
そして、食事中に気分が良くなった時に、サラッとお願いごとをするようにするのです。

ただお願いごとの内容によっては了承されないこともありますから、その点はよく考えておきましょう。

 

 

コメント