脚を頻繁に組み替えるしぐさをする人は、「不安やイライラしている」など精神的に緊張している状態です。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 法則/心理学


 

仕事の商談や異性とのデートなどで、足を頻繁に組み替える人を見ると思います。
しばしば座っている時によく見られる姿と言えます。

 

脚を頻繁に組み替えるしぐさとは、座った状態で、片方の脚をもう片方の脚に乗せる姿勢です。
この乗せた脚と乗せる脚を何度も交代させるしぐさのことで、日常生活でも見る機会が多いので想像しやすいでしょう。

 

 

このしぐさをしている人の心理としては、イライラや緊張などが溜まっており、それを発散したいと考えている状態です。

 

一般的に脚を組み替えることはよくあることで珍しくはありません。
しかし、その頻度が異常に多く、何度も脚を組み替えている状態は、心理的に見ると普通ではありません。

 

 

このしぐさが見られる時には、何か言いたいけれども我慢していることや何かイライラすることがあるにも関わらず、それを発散できない時が多いのです。

 

しかし、発散しないままの状態で居ることは人間として難しく、何らかの形でそれが表れます。
これは、脚を頻繁に組み替えることによって、精神的に感じているストレスを脚を頻繁に組み替えることで発散しているしぐさだと言えます。

 

人は精神的に緊張をすると、「しぐさが増える」という特徴があります。
このしぐさも同じで、脚を組み替える「回数」が多くなるのです。

 

 

例えば、仕事の作業中に足を頻繁に組み替えたりしている人は、今行なっている仕事が上手くいっていないことがあります。
仕事がうまくいかないというイライラ感が、脚を頻繁に組み替えるしぐさを促すのです。

また、取引先との商談中に頻繁に脚を組み替えている場合は、何か取引内容に不満や言いたいことがある可能生があります。
この場合も「言いたいけど言えない」というもどかしさを抱えており、その不満感が脚を何度も頻繁に組み替えることで緩和されるのです。

 

 

ですから、このしぐさを見たら、相手が何か言いたい雰囲気をしていないか、不満を抱えていないか確認しましょう。
特に何かを言った後やした後に、この脚を頻繁に組み替えるというしぐさをした場合は、その言動がキッカケになった可能生があります。

 

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント