同じ歩調でゆっくりと合わせて歩いてくれる人は、「優しく穏やかな性格」をしている傾向があります。

スポンサーリンク

 

一緒に歩いている時に「同じ歩調でゆっくりと合わせて歩いてくれる人」がいると思います。
この人の性格や心理について、紹介します。

 

同じ歩調でゆっくりと合わせて歩いてくれる人は、穏やかで優しさがある一方で、やや優柔不断な面があります。
このタイプの人は、人に合わせる協調性がある一方で、自分で人を引っ張っていくことにはやや不向きです。

 

同じ歩調でゆっくりと歩いていてくれる人とは、普段は早歩きやゆっくりと歩いていても、相手の歩くペースに自分のペースを同じにしてくれる人のことです。

 

このような人は、相手のペースに合わせて歩くことが出来るので協調性があり、性格も気が利き穏やかな傾向があります。

 

足には気分や心理が無意識的に表れる部分です。
足の歩調が同じということは、無意識的に他人と同調しているということでもあります。

このようにペースを合わせられる人は、他人と同調することが上手なので、協調性があり思いやりもあると言えるのです。
「足並みをそろえる」という言葉があるように、このタイプは他人と一緒に何かを行なうことに向いています。

そのため集団で何か1つの目標を達成することや同じ目的を持って作業を行なう時には、この「同じ歩調でゆっくりと歩いていてくれる人」は重要になります。

 

しかし、一方で、やや優柔不断な面や決断力にかけるような点も、この「同じ歩調でゆっくりと合わせて歩いてくれる人」には多く見られます。

他人に合わせることは上手ですが、周囲の評価を気にしたり、悩むことも多くあります。
自発的に何かを行なうということを自分でどれだけやっていけるかがポイントになるでしょう。

 

 

もし、あなたがこの「同じ歩調でゆっくりと合わせて歩いてくれる人」ならば、非常に協調性がある人ですから、集団で何かを達成することが合うでしょう。
どちらかというと自分で引っ張っていくよりも、組織の中でうまく立ち回って目標をこなしていくような役割があっています。

 

 

ただ、協調性や思いやりがあることを利用すれば、自分で何か事業などを行なったりすることもできます。
人を引っ張っていくリーダーシップに欠けるのですが、人を利用して温和に進めていく組織の社長には向いています。

 

どちらにせよ、協調性があるという良い面があるので、そこをどれだけ活かしていくかが生活上の様々な面で重要になっていくでしょう。

 

 

コメント