会議や授業中に指で机を叩く仕草の意味は「不満が溜まっている証拠」

スポンサーリンク

会社の会議や学校の授業中に「指で机をトントントン」と叩く人がいますが、あの意味は【不満が溜まっている・イライラしている】ということです。

もっと言うと、「早く会議が終わって欲しい」「座ったままの状態から抜け出したい」などその状況を早く変えたいと思っているということです。

 

しかし、座ったままの姿勢ですから、座ったまま体を大きく揺らしたり足をブラブラ揺らすこともできません。

そこで小さな場所(特に指、足)にそのイライラのフラストレーションが現れます。
指先や靴でトントンと机や床を叩いたりするのです。

例えば、トイレを我慢しているとソワソワするように、人間が考えていることや感じていることは溜めることができません。
そして、それは何らかの反応として内部から外部に出てくるわけです。

その際の反応が指先で机をトントントンと叩くという行為です。
この行為は聞いている方としては迷惑かもしれませんが、本人にとっては溜まっているストレスによる反応です。
この反応が出る時点でその人はその集まりにストレスを抱えていると思った方が良いでしょう。

 

もしこういった人を見かけた場合は注意するよりも一時休憩を入れたり、素早く会議や集まりを終了させるという方が良いでしょう。
会議や集まりが苦痛になっている可能生があります。

 

コメント