口が開いたまま何かを見つめる仕草の意味は「見ているものに夢中になっている」

スポンサーリンク

口を開いて何かを見つめるしぐさの意味は「見ているものに夢中になっている」ということです。

人は基本的に活動中は口を開けたままにすることはありません。
これは口が口内や喉、気道や肺、胃腸に繋がっている大事な器官であるため、異物を侵入させないためです。

しかし、人が何かに熱中しているとこの口が「ポカン」と開いてしまうことがあります。

これは強く何かに集中している時や目の前の何かに見とれてしまっている場合で、体の方が気が抜けて油断している状態です。

普段見せない口の中を見える状態にしている状態は、その視線の先に強烈に意識をするものがあるからです。

この口が開いたままの状態は一瞬で、長くても数秒くらいです。

ずっと一緒にいる間、口を開けている場合はただの口呼吸の場合があります。

スポンサーリンク

好きな人を眺めていると口が開いたままになることがある

好みの異性や好きな人に偶然出会った時などもこの「口が開いたまま」の状態になります。
重要なことは「偶然」ということであり、出会った時に意識が集中するので「口がポカン」と開いてしまうわけです。
偶然ではない場合はすでに知っているので口がポカンと開くこともないのです。

 

よく学園ドラマ等で憧れの先輩を遠くに見かけた時に「あっ」と口が開いたまま見とれたまま眺めてしまうようなシーンがあります。
あれはまさに好きな先輩に対して意識が集中しているので、この「口が開いたまま」の状態になってしまうんですね。

 

ですから、身の回りの男性や女性が異性を見ながら口をポカンと開けたままでいるならば、その視線の先にいる異性に対して強く意識している、つまり好きな可能生があります。

また、もしあなたの好きな人があなたのことを偶然遠くから見かけて、口を開けて(ポカンと)目が合った場合は、あなたのことを意識している可能生があります。

 

 

 

コメント