ハインリッヒの法則とは「大きなミスにはそれ以上の数の小さなミスが隠れている」というもの

 

ハインリッヒの法則とは、大きなミスの背後には中くらいのミスが多く存在し、小さなミスが山ほど存在しているということです。

元々はアメリカの損害保険会社ハーバートウィリアムハインリッヒが提唱したもので、「労働災害」が起きる1つの原則として現在でも重宝されている法則です。
「1:29:300の法則」とも呼ばれていますが、事故やミスの発生比率は必ずしもこの通りではありません。

 

 

これは1つの重大な事故には29の軽微な事故が存在し、300ものヒヤリハット(事故に繋がる出来事)が存在するというものです。

 

 

ですから、重大な事故を見るだけでなく、その背景にあった軽微な事故、そしてヒヤリハットも見直さないと、大きな事故は起きてしまうということと言えます。

 

 

会社で考えてみると重大な事故である「倒産」をしてしまった場合、それまでには軽微な事故である「売掛金の不良債権化」「顧客クレームの無視」「従業員の離職」などが発生しており、ヒヤリハットに相当する「業績不振会社との取引」「オペレーターの能力不足」「福利厚生の軽視」「社内でのパワハラ」など小さい問題が多く隠れているということです。

 

このように大きな問題はそれが突然起きるのではなく、必然的に起きたものであるということを教えてくれる法則だと言えます。

 

 

恋愛で応用すれば、デートで大きなミスをした時にはそれまでに小さなミスや中くらいのミスが沢山あったと考えるべきです。

例えば、「デートの会計でお金を支払えないことがあった」とすると、カードまたは現金を持っていなかったという軽微な事故があり、その背景には「ATMに寄るのが面倒だった」「デート直前に出費があった」「カードを作ることが面倒だった」というように重大な事故(デートの会計でお金を支払えないこと)に繋がる原因があったのです。

 

 

この法則を知っていれば、大きなミスが起きた後にそれを反省して原因を調べることで次に大きく活かすこともできます。

 

 

 

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント