10個の椅子に座るしぐさや座り方から分かる相手の心理について、それぞれの特徴や何故起きるのかについて紹介していきます。


恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ > 法則/心理学


 

今回は、座り方や座っているしぐさから分かる相手の心理を複数紹介します。

スポンサーリンク

椅子に座るしぐさや座り方から分かる相手の心理

足を広げて伸ばしている

足を広げ伸ばして座っている人の心理は、リラックスしており緊張感が緩んでいます。

このしぐさは、親しい友人と一緒の時や自宅で寛いでいる時によく見られ、足を広げることで自分のテリトリーを大きくする行為であり、精神的にリラックスした状態で行なわれます。

人間は緊張やストレスを感じると、筋肉が硬直して体を縮ませる傾向にありますから、このしぐさが見られる人は、心理状態として落ち着いていると言えます。

仕事や勉強を終えた時に「終わった〜」と思って足を伸ばすことがあるように、緊張感が解けた反動にもよく行なわれるしぐさです。

椅子に座りながら足を開いているしぐさの心理は「リラックス」
深夜の終電や会社の会議、男女のデートなど身の回りで座っている人をよく見かけるでしょう。 その時に「足を開いて椅子に座るしぐさ」をしている人がいます。 この「足を開いて椅子に座るしぐさ」をする人の心理は、リラックスした...

 

椅子に浅く座っている

椅子に浅く座っている人の心理としては、緊張感がある状態です。
足は人が外敵や脅威から逃走するために重要な人体の一部で、逃げ出す時にはこの足が真っ先に動かないといけません。

ですから、この椅子に浅く座っているしぐさは、潜在意識ではいつでも逃げ出せるように備えている心理状態と言えます。

実際には逃げたいと思っているのではなく、精神的に強い緊張やストレスを感じているとよく見られるしぐさです。
私達の身の回りでは、学校の試験や就職活動の面接のようにストレスや緊張が強い場面で見られます。

椅子に浅く座っているしぐさの意味は「緊張」であるため、相手を和ませてリラックスさせると良い
会議や商談、男女のデートで椅子に浅く座っている方がいます。 このしぐさの心理としては「緊張」です。 他にも具体例としては 肘掛けのあるゆったりとして椅子なのに浅く座っている 長時間の会議なのに浅く座っ...

 

椅子に座ってキッチリと足を閉じている

椅子に座って足を閉じているしぐさの心理は、緊張を感じているというものです。

これは人間が脅威や強い緊張を感じると、その場所を守ろうとするため、人体の急所がある股を閉じようとします。
人は、ストレスや緊張を感じると、交換神経が優位になり、筋肉を硬直させる傾向があります。

その裏返しとして、電車の中でうたた寝をしていると、自然と股が開いてしまうことがありますが、これは脅威やストレスを感じていない証拠とも言えます。

ただし、このしぐさについては、女性の場合は昔から足を閉じることを教育されていることが多いので、他のしぐさを含めた判断が必要です。

椅子に座りながら足をキッチリ閉じているしぐさの心理は「緊張」であり、会議やデートでこのしぐさなら和ませてあげると良い
椅子に座りながら「キッチリと足を閉じている」人を見ることがあります。 特に会議や面接、デート、商談中などに多いのではないでしょうか? この「キッチリと足を閉じるしぐさ」の意味は、緊張です。 ちなみにこの...

 

隣り合って座った時に、自分と相手との間に荷物を置いて座る

隣り合って座った時に自分との間に荷物を置いて座る行為の心理は、これ以上は近づかないでということです。
一般的には嫌いな相手と座る時や公私を分けた付き合いで見られるしぐさです。

このしぐさの潜在的な部分には、お互いのスペースの境界線を明確化したいという意識があります。
自分のスペースと他人のスペースを明確に分けることによって、これ以上こちらのスペースに入らないでと暗示しています。

 

仲が親しい男女はパーソナルスペース(お互いの物理的な距離感)も近くなりますが、このしぐさが見られた時には、パーソナルスペースへの進入を拒んでいる状態です。

 

足を頻繁に組み替える

足を頻繁に組み替えるしぐさは、苛立ちやストレスが多い時に見られます。
このしぐさにあるように、人間はストレスや緊張があると「しぐさ・動作」が増えるという傾向があります。

この「足を頻繁に組み替えるしぐさ」でも、末端部分である「足」に無意識が出てしまいます。
足や手は頭から遠い場所にあり、人間の無意識が出やすい部分です。

これらの部分の動作が増えると、心理的な変化を窺い知ることができます。

脚を頻繁に組み替えるしぐさをする人は、「不安やイライラしている」など精神的に緊張している状態です。
仕事の商談や異性とのデートなどで、足を頻繁に組み替える人を見ると思います。 しばしば座っている時によく見られる姿と言えます。 脚を頻繁に組み替えるしぐさとは、座った状態で、片方の脚をもう片方の脚に乗せる姿勢です。 ...

 

貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりをするしぐさは、緊張や不安などのストレスを発散しようとする行為です。

人間はストレスという刺激を感じると、それに対して「反応」が出ます。
嬉しいことがあれば口角を上げて笑いますし、イライラを溜め込むと机を指でトントンと叩いたりします。

貧乏ゆすりも同じように、物事が上手くいかない葛藤や溜め込んだストレスを、足でリズミカルに揺することで発散する行為だと言えます。

貧乏ゆすりをする心理は「ストレス、不安」を解消したいという行動
貧乏ゆすりをする心理は「ストレスや不安」があります。 正確な理由は未解明ですが、1つの説として自分を落ち着かせるというものがあります。 どうして貧乏ゆすりをするのかというと、ストレスが溜まるとこれを発散させた...

 

足を椅子に絡み付ける

自分の足を椅子の脚に絡み付けるしぐさは、逃げ出したいけれども逃げられない葛藤から生まれるしぐさです。

このしぐさは、逃げ出したいほどのストレスを感じながら、その状況から逃げられない葛藤があることから起きます。
強い不安や恐怖があると人は気持ちを宥めるために、物に体を接触させる心理があります。

自分の足を椅子に絡め付けるしぐさの意味は「現状に大きなストレスを感じている」という状態
座っている時に自分の足を椅子に絡め付けるしぐさがありますが、その時の心理としては「大きなストレスを感じている状態」です。 食事や面接などをしていると、自分の足を椅子の脚の部分にギュッと絡めて、まるで枝にからみついたツタのようにする...

 

座っている時に身を乗り出してくる

座っている時に身を乗り出してくるしぐさの心理は、その話題や物について興味があるという状態です。

これは興味や関心を持っているために、相手のパーソナルスペースに近づくという行為です。
身を乗り出す他にも、前屈みになったり、顔を近づけることもあります。

人には好きな異性がいると近づきたいと思うように、好きな話題や物を見つけると近づきたいという心理があるためこのようなしぐさをしてしまいます。

座っている時に身を乗り出すしぐさの意味は「その話題に興味がある状況」
座っている時に身を乗り出して「それ何?」「見せてみせて!」と聞いてくる人がいます。 この時に身を乗り出すしぐさをする人の心理は「その話題に興味がある状況」です。 カフェや飲食店、家庭や学校など様々な場所で見られるしぐ...

 

腰に手をあてて背筋を伸ばす

腰に手をあてて背筋を伸ばすしぐさは、これから何か一言言いたい時に見られるしぐさです。

ビジネスや商談では「断りたい」時によく見られるしぐさです。
自分のテリトリーを一度大きくすることで、相手に物を言いやすい状況を作り出そうとするためです。

一緒に見られるしぐさとしては「唇を噛み締める」「苦笑いのような表情をする」こともあります。

腕を腰にあてて背筋を伸ばすしぐさの意味は「自分のテリトリーを広げたい」というあらわれ
腕を腰にあてて背筋を伸ばすしぐさがあります。 この時の心理としては「自分のテリトリーを広げて優位性を保ちたい」という状態です。 人が腰に腕をあてて背筋を伸ばすしぐさがありますが、これは自分のテリトリーであるスペースを大きく取って...

 

腕を大きく広げる・上げる

腕を大きく広げる・上げるしぐさは、何かを成し遂げた時に見られるしぐさです。

このしぐさは、腕を上に大きく上げる・広げることで自分の領域であるテリトリーを広げるしぐさです。
テリトリーは人の権威や心理状態とも関係があり、達成感が高揚するとテリトリーを広げて自分を誇示しようとします。

身の回りでは、ガッツポーズと同じように、勝負事で勝ったときや仕事のノルマが終わったときや学校の宿題が終わった時に見られます。

 

腕を大きく上にあげるポーズを取るしぐさの意味は、何かを成し遂げた時に行なう「喜びを持ったポース」
仕事や何かをやり遂げた時に「腕を大きく上に挙げて喜ぶ動作」がありますが、このポーズは「何かを成し遂げた時によく行なう」しぐさです。 また興味深いことに、ポーズを取ることで気分を高揚させることもできます。 みなさん...

 

 

 
トップページへ戻る
 

カテゴリー一覧


  1. アプローチ方法
  2. 口癖
  3. 見た目や外見、ファッションや服装による心理学
  4. 婚活と結婚
  5. 恋愛心理
  6. 法則や心理学
  7. 特徴
  8. 男女の違い
  9. 雑記

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント