「ストレスを感じた時に出やすいしぐさ」としては、椅子に浅く座る・頭をかきむしる・口を堅く結ぶなどがあります。

スポンサーリンク

 

ストレスを感じた時に出やすい「しぐさ」とその共通点を紹介していきます。

スポンサーリンク

ストレスを感じた時に出やすいしぐさの共通点

ストレスを感じた時にしぐさの共通点としては「反応」として出るということです。
つまり、「何かの出来事」があり、その反応として「しぐさ」が出ることです。

 

このしぐさにも様々なものが有ります。
特に恐怖や不安を感じると「体を包み込むしぐさ」が増えたり、怒りや苛立ちを感じると「何かを動かす」というしぐさが増えます。

同じストレスとして括られる反応でも、このようにやや違いがあります。

 

なぜ「しぐさ」が出るのかと言うと、ストレスとは「刺激」だからです。

ストレスとは、「悲しいことや怒ることなど一般的に悪いと思われている」ことだけではなく「嬉しい・楽しいことや悲しいこと・不安に感じること」です。

つまり、ストレスとは「刺激」のことです。

 

人はこの刺激を受けると、それを緩和させようと思い、体に「しぐさ」となって見られるのです。
つまり、「何かをした・言った」後に、「何らかのしぐさ」が目立つようになったならば、それはストレス反応の可能生があります。

 

スポンサーリンク

ストレスを感じた時に出やすいしぐさ

身の回りで見ることができる「ストレスを感じた時に出やすいしぐさ」を複数紹介します。

椅子に足を絡ませる

このしぐさは、椅子に足を絡ませることで、ストレスを緩和させているしぐさです。
特に相手の話が長い時や逃げたいけれども逃げられない時に見られるしぐさです。

足は無意識的に心理状態が出る部分であり、ここに力が入るということは、緊張を感じているということです。

もしこのしぐさを見たら、強いストレスや緊張を感じていると言えます。

自分の足を椅子に絡め付けるしぐさの意味は「現状に大きなストレスを感じている」という状態
座っている時に自分の足を椅子に絡め付けるしぐさがありますが、その時の心理としては「大きなストレスを感じている状態」です。 食事や面接などをしていると、自分の足を椅子の脚の部分にギュッと絡めて、まるで枝にからみついたツタのようにする...

 

椅子に浅く座る

椅子に浅く座るしぐさは、ストレスや緊張から今にも逃げ出したいという心理があります。

人は強い緊張感やストレスがあると、それを回避したいという思いがあり、いつでも逃げられるように浅く腰をかけるのです。

特に就職活動や大学受験のように緊張感が高い時に見られることが多いしぐさです。

足は人が外敵や脅威から逃げるために、最も重要な体の部分です。
浅く座る理由も、すぐに立ち上がり逃げ出すことができるからであり、無意識的に緊張感やストレスがかかっている状態だと言えます。
この「足」を見ると、相手の無意識を知ることができるのです。

椅子に浅く座っているしぐさの意味は「緊張」であるため、相手を和ませてリラックスさせると良い
会議や商談、男女のデートで椅子に浅く座っている方がいます。 このしぐさの心理としては「緊張」です。 他にも具体例としては 肘掛けのあるゆったりとして椅子なのに浅く座っている 長時間の会議なのに浅く座っ...

 

足をキッチリと閉じて座る

足をキッチリと閉じて座るしぐさは、緊張感やストレスが多い時に見られるしぐさです。

人はストレスを感じていると、体が緊張状態になり、自然と力が入っている状態になります。
足を閉じるのは、このストレスを感じているために、体を縮めて自己防衛を使用としている状態です。

 

ですから、就職試験の面接のような緊張感が強い場所でこのしぐさをよく見ることがあるのです。

ただ女性の場合は、マナーとして行なわれることもであるため、これだけではなく他のしぐさからもストレスを感じているか読み解く必要があります。

椅子に座りながら足をキッチリ閉じているしぐさの心理は「緊張」であり、会議やデートでこのしぐさなら和ませてあげると良い
椅子に座りながら「キッチリと足を閉じている」人を見ることがあります。 特に会議や面接、デート、商談中などに多いのではないでしょうか? この「キッチリと足を閉じるしぐさ」の意味は、緊張です。 ちなみにこの...

 

頭をかきむしる

頭をかきむしるしぐさは、強いストレスを感じた時に見られるしぐさです。

これはストレスを感じたときの不安や苛立ちを、頭をかきむしることで発散させているしぐさです。
正確には自分の頭をかきむしることで、ストレスをなだめているしぐさと言えます。

よく小説家が締め切りまでに文章を書けなかったり、仕事で失敗してしまった時など「物事が上手くいかない時」に見られるしぐさです。

頭をかきむしるしぐさの意味は「物事に上手くいっていないストレスや不安、イライラを抱え込んでいる状態」
よく受験勉強や学校のテスト、会社の会議などで「頭をかきむしるしぐさ」を見ることがあります。 この「頭をかきむしるしぐさ」の意味は「強い不安や恐怖、イライラが溜まっている」状態です。 この自分の体を自分で触...

 

口元を堅く結ぶ

口元を堅く結ぶしぐさは、ストレスを感じた時に反論したいけどグッとこらえているという状態です。
もう口元まで出かかっているがそれを出さないようにしている状態です。

私達の身の回りでも、よく上司に説教をされる部下や先生から怒られている生徒が「一言反論したい」けれども「我慢している」時に見られます。

口元を固く閉ざすしぐさの意味
口元をギュッと閉ざしてしまった友人や恋人の心理についてです。 口元を固く閉ざすしぐさの意味は「拒絶や不機嫌」などマイナスの意味を持つしぐさです。 特に相手に対して不満を持った時に多いしぐさです。 ...

 

貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりもストレスを感じたときに行われるしぐさで、足を動かすことでストレスを発散するためです。

足は特に無意識が出やすい場所であり、ストレスを感じていると貧乏ゆすりをすることでストレスを発散する傾向があります。

貧乏ゆすりをする心理は「ストレス、不安」を解消したいという行動
貧乏ゆすりをする心理は「ストレスや不安」があります。 正確な理由は未解明ですが、1つの説として自分を落ち着かせるというものがあります。 どうして貧乏ゆすりをするのかというと、ストレスが溜まるとこれを発散させた...

 

会議や授業中にペンを回したり、落とすしぐさをする

会議や授業中にペンを回したり、落とすしぐさは、ストレスから早く終わって欲しいと考えている時によく見られます。
机の上に有る物をいじる行為は、緊張やストレスが溜まっている状態で、話している内容に意識が向いていません。

特に会議が上手く進行しておらずストレスを感じていたり、授業が退屈で早く終わって欲しいと考えている時に見られるしぐさです。

会話や会議中にペンを回して落とす癖・しぐさの心理は「早く終わりたい」
会社の会議中にボールペンを指で回しては落とす癖のある人が時々います。 このしぐさの意味は「集中力が切れたので早く終わりたい」という意味です。 特に何度もこの行為を繰り返すという場合は、相当ストレスが溜まってイライラしている状...

 

机を指やペンで「トントン」と叩く

机を指やペンなどで「トントン」と叩くしぐさも、無意識的にストレスを感じているしぐさです。

これも上記の「ペンを回したり、落とすしぐさ」と同じように、物事が順調に進行しないときに見られます。

会議や授業でも「この後に予定がある」「話が長い」など「早く終わって欲しいと考えている時」によく見られます。

会議や授業中に指で机を叩く仕草の意味は「不満が溜まっている証拠」
会社の会議や学校の授業中に「指で机をトントントン」と叩く人がいますが、あの意味は【不満が溜まっている・イライラしている】ということです。 もっと言うと、「早く会議が終わって欲しい」「座ったままの状態から抜け出したい」な...

 

 

話す時に手が震える

この「話す時に手が震えるしぐさ」もストレスではありますが、どちらかというと好きな異性の前で緊張することで起きやすいしぐさです。

相手の前で失敗したくないという気持ちが強いと、このしぐさが出やすい傾向にあります。

好きな人と話しながら作業をすると手が震えやすいしぐさの意味は「緊張」
好きな人と話しながら作業をすると手が震えてしまう方がいます。 「目の前に好きな男性がいると手が震えてしまう」 「好きな女性の前ではうまく字が書けない」 このしぐさの意味は「緊張」です。 では、どうして緊張...

 

体を包むような腕組みをする

体を包むような腕組みをするしぐさがありますが、これは「不安やストレスを感じた時に自分を守ろうとするしぐさ」です。

強い精神的ストレスや不安などを覚えると、体を自分の腕で包み込むことで、ストレスを緩和しようとするしぐさです。

このしぐさは、腕組みにも似ていますが、普通の腕組みとは心理状態が異なります。

腕組みをするしぐさの意味は「高圧的で傲慢な人」か「不安やストレス、悲しみを感じている人」のどちらかです
学校や会社で腕組みをしている人がいると思いますが、そのしぐさの心理について解説します。 腕組みの意味は大きく2つあります。 1つは「相手を威嚇、圧迫するために腕を組む」こと、もう1つは「不安やストレス、悲しみなど...

 

時計を頻繁に見る

「時計を頻繁に見るしぐさ」は、時間の経過に対してストレスを感じているしぐさです。
特に「早く終わって欲しい」と感じていることが多く、その後に予定がある時によく見られます。

このしぐさが見られた場合には、早めに切り上げる方が良いでしょう。

会議や打ち合わせ中に時計を頻繁に見るしぐさの心理は「別の用事が迫っている」
仕事の会議や商談中に「頻繁に時計を見る方」の心理としては「次に別の用事があり、その時間が迫っているため焦っている」というものがあります。 もっと言うと「焦りを感じている状態」と言えます。 例えば、...

 

スポンサーリンク

その他に関連するページ

その他にストレスを感じた時に出やすいしぐさをまとめているページの紹介です。

 

悲しい時や不安を感じている時に見られるしぐさをまとめているページです。

「悲しい時や不安なとき、落ち込んでいる時に見られるしぐさ」は、体を包む腕組みをする・頬杖をつく・体育座りをするなど。
人は悲しい時や不安なとき、落ち込んでいる時には「しぐさ」が見られます。 その心理状態の時に見られる「しぐさ」と「共通点」について紹介していきます。 悲しい時や不安なとき、落ち込んでいる時に見られるしぐさの共通点 悲しい時や不安...

 

怒るときや苛立ちを感じている時に見られるしぐさを紹介しているページです。

苛立ちや怒っている時に見られるしぐさには、足を頻繁に組み替える・相手を指差す・机の上でこぶしを握るしぐさがあります。
苛立ちや怒っている時によく見られるしぐさをいくつか紹介します。 怒っている・苛立ちを感じている時に見られるしぐさの共通点 苛立ちや怒っている時に見られるしぐさには、外部に対して影響力を及ぼそうとする点です。 ストレスの反応...

 

嬉しい時や喜んでいる時に見られるしぐさを紹介しているページです。

https://tsukineko.info/hosoku/3189/

 

 

コメント