ドローチャーの法則は「悪い奴ほど蔓延って、良い奴ほど居なくなる」というもの。恋愛市場でも同じ原理が成り立ちます。

スポンサーリンク

 

ドローチャーの法則とは、良い奴ほど評価されずに、悪い奴が蔓延ってしまうという社会を揶揄したものです。

これはアメリカ野球メジャーリーグのドローチャー監督が言った法則です。

 

自分よりも相手の利益を考えて行動する人間はうだつが上がらず、自分のことだけを考えて生きているような人間が会社の社長や政治家、学者やマスコミなどに蔓延ってしまう例が挙げられます。

 

 

このドローチャーの法則は恋愛でも見ることができます。

街や世の中を見ると良い人ほど恋人がおらず、逆に少し悪そうな人ほど恋人といるということがあります。
女性を取っ替え引っ替えしているような男性ほど女性から人気がある一方で、人と立派な良い男性には恋人がいないという状況です。

 

この状況はまさにドローチャーの法則が表れた例だといえます。

 

男性の中には「どうしてアイツと付き合っているんだろう?」と思う女性がいるかもしれませんが、これはまさにこの法則の例だと言えます。

 

 

コメント