会話中の視線の方向とその意味

スポンサーリンク

会話中等にどんな気持ちで居るのか、何を考えているのか、どう思われているのかを視線の方向で知ることができます。

 

ここで紹介する方向は、あなたから見てではなく、相手から見た方向です。

また左利きの方は逆方向になることもあるので注意しましょう。

 

横にサッと視線を逸らす場合は相手に興味が無いという状態です。
この時に冷たい表情や無表情である場合は特にその可能生は高いでしょう。

 

相手に対して敵意が無く、受動的になっている状態です。
面接など立ち場がある場面では、立ち場の低い方がこのようになりやすいです。

また異性関係の場合、好意がある場合にも下を向く傾向があります。
恥ずかしさや相手に対して尊敬の念があると、下を向いて上目遣い気味になる傾向があります。

パッと下を向いた場合は相手に対して恐怖心などを抱いていることもあります。

 

「好きな料理は何ですか?」とプライベートな情報を聞いた時には下を向くことがあります。
これは内部対話というもので、自分の思考情報を探している状態で物を考えている時にも下を向くことがあります。

内向的な方は下を向くことが多いのはこの思考情報を探っているからかもしれません。

 

一方、相手から見下ろされる場合は相手から下と思われていることがあります。
これは親がイタズラをした子供を叱る時と同じでです。

 

左下

こちらも下と同じく自己対話の状態です。
たとえば面接などで「あなたが好きな食べ物は何ですか?」と聞かれた際に心の中で「え〜何だろうな〜1番好きなのは〜…」と考えている時に向きやすい方向です。

 

右下

右下は体感覚と言って言葉よりも体で感じる感覚を思い出している時に見る方向です。

 

上を見上げるような場合は相手がリラックスしており、優越感や自信を感じている状態です。
本人にみなぎるような力がある状態です。

異性関係で上目遣いをする場合は相手に対する「甘え」や「尊敬」という意味もあります。
好意的に見ている相手に対して行なわれることが多くなります。

 

左上

過去のことを思い出している時に見る方向です。何かを想像する時ではなく、過去の出来事などを思い出す時に見る方向です。

特に視覚情報を思い出す時に見る方向で、実際に見た物を思い出している時にこの方向を見ます。

 

右上

何かを想像している時に見る方向です。過去にあったことではなく、これから話す内容などを考えている時に向きます。

浮気などを疑う時にこの方向を見ていたら何かを考えていることがあるかもしれません。

 

 

コメント