ウォーカーの法則とは「時間はお金である」というお金の大切さを教えてくれるもの

スポンサーリンク

 

ウォーカーの法則とは、時間はお金であるということを計算式を用いて解説した法則です。

この法則では、所得が高く時間給が高い人ほど、自分で何かをするのではなく他人を使って代わりに行なってもらう方が、自分でするよりも安くなるということを証明しています。

 

計算式:時間の価値=(人の賃金((100-税率)/100))/生計費

 

となります。

 

ここからご飯を作ることや横になる時間、ボーッとする時間はお金に換算できるということです。

 

この法則から、「自分が何をして、何を他人に任せると安くなるか、効率的か」ということを考えてみると良いはずです。

特に何でも自分でやらないと気が済まない方がいますが、こういった方は今まで自分がやっていたことを他人に任せることで自分の時間を使えるだけでなく、本来よりも安く済ませることができるかもしないのです。

 

 

 

コメント