初頭効果の法則:初めて会う時が恋愛に発展するかの鍵

スポンサーリンク

 

初頭効果の法則とは、「人の印象は初めて会った時に作られる」ということです。

「第一印象」という言葉がありますが、初頭効果とはこの第一印象のことを言います。

 

この法則を提唱した学者のソロモン氏が行なった実験があります。
被験者に会ったことの無い男性の性格について、

  • 「プラスの言葉を聞かせた後にマイナスの言葉を聞かせる」
  • 「マイナスの言葉を聞かせた後にプラスの言葉を聞かせる」

という2通りの印象をそれぞれ聞かせてみました。

その結果、「プラスの印象を最初に聞いたグループ」はその男性の評価が良く、「マイナスの印象を最初に聞いたグループ」はその男性の評価が悪くなったのです。

 

つまり、「人は最初に聞いた情報によって、その人のイメージや評価をしてしまう心理」があるということです。

言い換えれば、最初の印象が悪いとそれをひっくり返すことは難しくなります

 

 

これを応用すると、恋愛でも最初の印象が重要になります。

初頭効果の法則のように、初めて会った時またはあなたの印象を第三者から聞いた時にイメージが完成します。
ですから、最初に人と会う時は非常に重要だと思って下さい。

 

 

もし、対面が不安な場合は友人に頼んで自分の印象を先に伝えてもらうという方法もあります。

もちろん見た目の印象は目に見えるので誤摩化せませんが、性格などは言葉によって何とでもなるので頼んでおきましょう。

 

 

 

 

コメント