単純接触効果(ザイオンス効果)の法則:好きな人には毎日会うと良い

 

「普通の友達だったのにいつも会っていたら好きになった」という経験はありませんか?
それが「単純接触の法則(ザイオンス効果)」というものです。

 

「単純接触の法則(ザイオンス効果)」とは、その人と会っているうちに段々と好意が芽生えて行くというものです。

もとはアメリカの心理学のザイオンスが提唱したことからこの名前が名付けられています。

 

この効果では、毎日何かしらの接触を試みていると、その相手があなたに対して好意的な印象を持っていくのです。
日々の挨拶や会話はもちろん、メールやSNSなど何かしらの方法で接触を取るとベストです。

 

 

例えば、学校や仕事場などで毎日顔を会わせているだけで好きになってしまうことが有ると思います。
最初は特に好きでもない相手だったのに、何度も会っているうちに仲が良くなってきたというケースです。

これもこの「単純接触の法則(ザイオンス効果)」によるものです。

 

 

他にも身近な場所では「営業マン」がこの心理を利用しています。
営業マンは顧客の所に頻繁に足を運んで挨拶をして顔を覚えてもらうのです。
そうやって覚えてもらってから自分の商談をしたり、商品を買ってもらったりするのです。
これが「足で稼ぐ」というもので昔から今でも重要な営業スキルとして有名です。

 

スポンサーリンク

この法則の使い方

この法則は好きな人が居る時に使うことができます。

 

もし好きな相手がいれば、毎日積極的に接触するようにしてください。
接触と言っても「おはよう」といった挨拶や簡単な会話でも構いません。
もし対面が緊張するなら、メールやline、SNSでも良いので、1日1回は相手と接触するようにしましょう。
出来ることを少しずつ始めることで良いので、相手と接触する機会を増やしましょう。

 

 

法則/心理学
スポンサーリンク
管理人をフォローする
恋愛心理から法則・アプローチまでを紹介するブログ

コメント